脚の付け根 出っ張り解消するには

写真ではちょっと分かりづらいですが
脚の付け根の出っ張り!
正確には、股関節(大転子)の出っ張りなのですが

〇 諦めている方
〇 痩せればなくなると思っている方

が、いらっしゃると思いますが
この出っ張りは股関節をキチンと正しい位置に戻さないと改善されにくいです。

ここが出っ張っている方の姿勢としては、

〇 内また
〇 反り腰(でっちり)

だったりする方が多いですね。

この原因は色々あるとして
改善するには

〇 お尻の筋肉を鍛える(小さな筋肉)
〇 ももの内側を鍛える(内転筋)
〇 足首などの調整(人によっては)

をしないといけません。

足首などの調整体が必要なのは、体を支えている土台だからです。
体は積み木のように下から順に積み上げられているので、足元が歪んでいるとその上でバランスをとろうとします。

お尻・ももの内側を鍛えているのに改善しない方は
やり方が正しくないか
足首や膝下も改善していかのどちらかである場合が多いです。

図を見て頂ければわかるように、股関節・足首を正しい位置へ調整してあげることはO脚やX脚の改善になります!
見た目、脚は真っすぐのように見える方も、ももの前と横が太いはずなので細くなっていきますね!

ただ、膝下の脛骨という骨が曲がっている方は骨自体が曲がっているので
ズレによるものは改善できますが、曲がっている骨は残念ながら真っすぐには出来ません。。。(私も曲がってます。。)

今すぐ何かしたい!という方は
横向きで膝を開いたり閉じたりするクラムというお尻のトレーニングが良いので動画など調べてみてください!
股関節が90度、45度の2つできると良いですね!

あと、靴をチェックをして下さい!!
靴の裏の一部が極端にすり減ってませんか?
靴の甲の部分がゆがんでませんか?

靴の裏はヒールだとよく分かりますが
ヒールを並べた時に外か内のどちらかに傾くようだと、すぐに新しい靴にした方が良いです。

ゆがんでいる靴は、ゆがみをつくるために矯正をしているようなものなので!
もったいないと思っても、いくら頑張ってトレーニングしても効果を台無しにしますから、思い切って捨てるか、せめて底を張り替えるか。。。

読んで終わりなのか、行動するかで大きく変わります!!

行動できないのなら、行動せざる負えない状況に身を置いてください。

動かなければ変化はおきません!

興味があれが姿勢改善の体験やってます!

では

猫背は○○を太くする!

猫背は○○を太くするというタイトルですが
○○に入る言葉は「胴体」です。

つまり猫背だと寸胴になるんです!
写真の女性が分かりやすいと思いますが

同じ人なのに姿勢が変わるだけで
見た目の印象もスタイルも大きく違いますね!

特に胸~下腹あたりが大きく違います。

姿勢が悪い方は、胸は下がって、下腹が出ています。

これは、猫背になる事で
肋骨が外に(赤矢印)開いてしまうからなんです。(別の写真参照)

逆に、姿勢が良くなると肋骨は締まろうと(青矢印)します。

肋骨は構造上このようになっていますので
猫背を放置して、ダイエットなどをしてもスタイルがよくなりません。

その状態で腹筋運動をしっかりとすると
くびれができる訳が無いですね。。。

もしスタイルを重視するなら
骨格から正しく整えることをする方が効率が良いですね。

ただ、このように簡単にスタイルを変えていく
と言いますが、週1回のトレーニングを受けていればスタイルが
変わるかと言えば、残念ながら難しいです。。。

なので、私のところでは宿題をお出しします。
それをキチンとして頂かなくては
スタイルは改善はされにくいです。

なぜ、そんな事をしなければいけないかと言うと
体の地図を書き換えなければいけないからです!
実際に時間をかけないと体や脳は覚えてくれません。。

猫背が変わらない
改善できない

と仰る方は
一回あたりどの位の時間
姿勢を維持しないといけないか

意識して行いましたか?
指導されましたか?

小さな積み重ねかもしれませんが
コツコツと行う事がきっとあなたを変えてくれます!

覚え込ますまでは少し大変ですが
逆に覚えてしまえば楽ですよね!

しっかりと意識していきましょう!!

では

明るい性格にしたければ、まずは○○を直せ!

今回は、明るい性格にしたければ、まずは○○を直せ!ついて。

あなたは○○についてどう思いましたか?
『考え方』に関する言葉が入るか
『行動』に関する言葉が入るか
どちらでしたか?

私の○○の答えは、『行動』に関するもの

「姿勢」です!

え?! まずは『考え方』を変えないとダメじゃないの?
と思われている方もいると思いますので少し説明を!

なぜ姿勢なのか?
少し脳科学?生物学?の話になります。

脳が体に影響を与える事はご存知だと思います。
しかし、体が脳に与える影響も見逃してはいけないほど大きなものです!!

例えば、体が脳に与える影響で分かりやすいものが

「口角をあげたまま怒れない」
実際、楽しくなくても、口角をあげると(笑顔)脳は経験上いま楽しいんだ!と思い楽しくなるそうです。
なので、口角をあげていると怒るという事ができないそうです。

また、
「悲しいから泣くのではなくて、泣くから悲しいんだ!」
という言葉もありますよね。これも全く同じです。

これは生物の進化上、脳よりも体が先にできており、脳のいない生き物はいても、体のない生き物はいないという事だからだそうです。(脳科学の池谷氏)

という事は、【体によって脳は変わる】という事です!

気分的に落ち込みやすかったり
ストレスを感じやすい方は
どのような姿勢をとってる印象がありますか?

いつも明るく元気で
ストレスをあまり感じないような方は
どのような姿勢をとっている印象がありますか?

上(正面)を向いているか、下を向いているか
姿勢が良いか、姿勢が悪いか
という印象の違いがありませんか?

よく日本人の自殺や鬱が多く、海外で少ないのは
姿勢の違いではないか?!と唱えている方もいるくらいです。

性格や考え方などを変えていくは時間のかかる?難しい事だと思います!
しかし、体を変える事は性格などに比べれば楽だと思います!

なので、明るい性格にしたければ
【考え方】ではなく【姿勢】から始めてみてはいかがでしょうか?

トレーニングを始めて
性格が前向きになった!
明るくなった!
自信が持てるようになった!

という話をよく聞くものうなずけますよね!

まずは「姿勢」から!

では

なぜ関節を整えるのか?!

今回は、なぜ関節を整えるのかについて!

なぜ関節を整えるかというと、私の考えでは
関節を整えると、姿勢は改善されます
しかし、姿勢を改善しても、関節は整わないことがある
からです。

ようは、見た目でだけでなく、骨格までしっかりと変わっているのか?という事です。

そうは言っても、どうやって関節が整っているのかどうか判断するのか?というと、私は

○ 体が動かしやすくなる
○ 関節の負担が減り、関節周辺の症状(痛み・コリ)が改善される
○ 柔軟性がでる

といった反応を基準に判断しております。
関節が整えば起こる反応です!

私は姿勢が良くなるだけでなく、気持ちも良くなって頂きたい思っているので
見た目ではなく、関節を基準に姿勢改善の判断をしております!

せっかく姿勢が良くなったのに、体のどこかが辛い、こっている…
では勿体ないですよね!

姿勢改善で体と気持ちを軽くしましょう!

姿勢改善の体験を行っておりますので、本気で姿勢を改善したい方はご連絡下さい!
まずは 姿勢改善体験 無料のお知らせ をクリック!

次回は 姿勢(身体)と 脳 はどっちが先輩? について
→申し訳ありません。タイトルを変更し
「性格を明るくしたければ、まずは○○を直せ!」というタイトルの記事(12/11)をお読みください。

では。

 

骨盤を立てる

今回は、腰(骨盤)の位置について。

骨盤の位置(傾き)は大きく分けて分けて3つに分かけられます。

図の○は、ニュートラル
真ん中は、フラット~後傾
一番右は、前傾

真ん中の図は、もうちょっと後ろに倒れて欲しかったのですが…この図でイメージをつかんで下さい!

ニュートラルの位置に持ってくる方法は
腰周り~股関節周辺も含めた筋肉を整えてあげるのが一番良いのですが
ちょっとややこしくなるので、ここでは簡単に自分でできる方法を!
(股関節周辺はここではおいておきます)

1.おしっこを我慢する
女性の場合は膣を引き上げるように力を入れる
2.1と同時に息を吐きながら軽くおへそを凹ます。

これだけです。
簡単でしょ?

上記の方法で、
腹横筋・・・お腹の奥の筋肉
多裂筋・・・背骨の近くの筋肉

の二つの筋肉の収縮を感じられると良いのですが
なかなか難しい方もいらっしゃるので
個別に寝転んで鍛えると分かりやすいかと思います!

「多裂筋 トレーニング 動画」で検索すると
青いシャツを着たトレーナーさんが(知り合い)が
分かりやすい動画をアップして下さっていますので
是非そちらを参考にしてみてください!

その中に「腹横筋・骨盤底筋群」のトレーニングもありますよ!

この二つは骨盤を引き締める効果があるので
くびれを作りたい方は絶対にすべきトレーニングです!

また、腰痛改善にも良いトレーニングの一つです。

ちなみに

真ん中の骨盤がフラット・後傾の方の特徴は
・膝が曲がる
・がに股
になりやすい…いや、なります。
足のラインが崩れやすいですね!

一番右の骨盤前傾の方の特徴は
・太ももの前・横が張る(太くなる)
・反張膝(膝が後ろに反っているような膝)
・内股
になります…いや、なりやすい。
ダイエットで太ももが細くならない方に多いです

ダイエットで痩せるだけでなく、脚のラインを整えたいなら
骨盤の位置は修正しなければいけません。

また、いわゆる美脚になりたければ、骨盤周辺の筋肉だけでなく
股関節周辺の筋肉+足の指などの調整も必要になります。

ご自身がどこまで求めるか?
だと思います。

胸から始まり 「引くのがダメなら立ててみな
肩(肩甲骨) 「良い姿勢が肩こりの原因に?!
首  「視線はいつもより高く
腰(今回)
と姿勢を改善するポイントは少し分かって頂けたでしょうか?

次回は、歩き方についてちょっとだけ!

では