良い物でも摂りすぎるとどうなる? 埼玉川越ダイエット

テレビや雑誌でよくこれは体に良いのでしっかり摂取しましょう!

などと宣伝すれば

あっという間にスーパーからその物が消える・・・

こんなに簡単に引っ掛かる国民はいないのでは?

というほど素直な方が多いです。

 

テレビや雑誌は良い一面だけを伝え

都合の悪い部分は伝えていません。

 

なので、嘘ではないのですが

木を見て森を見ず

と言った感じです。

 

基本的な考え方・知識をしらいないと

様々な情報に振り回されます。

 

 

だいたいどんな物でも

メリット・デメリットがあります。

例え良い物としても摂りすぎると害がある物もあります。

 

また、最終的に合っているか合っていないかは

自分の体で試すしかないのです。

(チェック方法はあります。)

 

結局、試すしかないの?

と思いの方もいると思いますが

 

全てにおいて

西洋的な面、東洋的な面の両面から見なければいけません。

西洋的にみてこの栄養素はダメ!

といっても、東洋的には体に合っているというこは多々あります。

その逆もそうですが。

 

なので、色々な健康的なモノが出てくるのですが。。。

 

 

 

ちょっと前置きが長くなりましたが

摂りすぎるとサインが出てくるものがあります。

 

◇炭水化物 … 食べても脂肪にならない物、一定量は食べても脂肪にならない物、すべて脂肪になる物

◇タンパク質 … 悪玉菌のえさになるので、便の色が黒くなる、オナラが臭う、発がん性物質ができる。腎臓の機能低下

◇脂質 … 必要以上は吸収しないので、胸やけ、吐く、下痢で強制排出。

 

◇ビタミン・ミネラル … 基本的にあまれば排出。(Vb12は蛍光色のおしっこになる)、

VCは一回の摂取量は3000mmgまでなら大丈夫というデータもある。

◇アルコール … エネルギーとして使われなければ脂肪になる。悪酔いする。VB・VCなどのミネラルを大量消費

 

 

などなどです。

 

なので、タンパク質が良いからと言って

バクバク食べていても、

便が臭くなったらりしたら、吸収量を超えているという事!

 

あ、ここでだったら腸内環境を整えるために

乳酸菌だー

と言っている方

腸内細菌・・・ 乳酸菌1%、ビフィズス菌99%

という事実をご存知でしょうか?

 

健康のためと思っていたら

不健康になることもありますので注意しましょう。

 

 

最終的には

「バランスよく!!」になっちゃうんです。。

 

 

ダイエットの目的、目標はありますか?

今回は「ダイエットの目的、目標はありますか?」について。

 

先日、大谷翔平選手も実践していた「目標達成のための技術」

という原田先生のセミナーに参加してきました。

 

目標を達成するためのお話を聞いてきました。

 

目標を達成するためには

目標だけでなく、目的もしっかりと決めた方が良いそうなのですが

目的と目標の違いが分かりますか?

 

セミナーでは

目的は方向

目標は距離

だそうです。

 

私の解釈でいうと

目的は「どうなりたいか」

→ダイエットに成功し、海に行き堂々と水着になりたい。思いっきり楽しみたい。

 

目標「(そのために)何をするのか」

→必要なトレーニングをする。食事の改善をし、3か月でー10kg!

 

といった感じかと思います。
間違っていたらごめんなさい

 

普通の自己啓発系セミナーならここで終わるのですが

ここからもう一歩、二歩?踏み込んでいるのが凄いんです!

 

では、もし目的が達成された時に

第三者(家族など)はどう思うか

第三者にどういった嬉しい事があるのかまで

考えるんです。

ダイエットに成功し、海に行き堂々と水着になりたい。

思いっきり楽しみんでいる姿をみて、家族はどう思うだろう

「一緒に遊べる」

「海やプールについて来てくれる」

などと思ってくれるだろうし

 

「楽しんでいるお母さんが見れて嬉しい」

「以前より明るくなってよかった」

と家族も嬉しい気持ちなれます。

 

そうすると、自分自身が目標達成するという事は

自分だけでなく、他人にも大きな影響を与える事ができる

と思えるようになります。

 

それって素晴らしい事だと思うんです。

そういって発想ができるとモチベーションは下がりません。

なので、目標が達成した瞬間にモチベーションが下がる事もありません。

 

ダイエットが成功したから、もう努力しなくていいわ。。。

とはならないんです。

 

もっともっと自分も家族も幸せになるように

新たな目標、目的がでてくるかもしれませんね。

 

自分だけの思いだけでなく

第三者の事まで考えて行動することが

目標・目的達成への近道になるそうです。

 

あなたの家族はダイエットを成功したら

どう思ってくれますか?

どう感じてくれますか?

 

その答えは、きっとあなたの力になってくれますよ。

 

この辺で。

 

間違った解釈をしているかもしれませんので

詳しく知りたい方は「原田メソッド」「原田隆史」などで検索くださいm(__)m 

 

タンパク質ってどれくらい摂ればよい? 

今回はタンパク質の量について

 

よくタンパク質の量は

体重 × 0.7~2.0g

などと書かれている物があります。

ダイエット目的であれば

体重 × 1.0g

を目安にまずは摂ってみてはどうでしょうか?

 

体重が60kgの方だと60g/日です。

それを3回の食事で割ると

20g/1食

 

なんか簡単にいけそうですよね!

 

と言いたいところなんですが

 

結構皆さん食べてないですね。。。

 

ちなみに、ざっくりですが

タンパク質

肉・魚100g・・・20g

納豆(1パック) ・・・7g

卵 ・・・6g

豆腐(半丁)・・・7g

ツナ缶(1缶) ・・・ 14g

白米(150g) ・・・4g

サバ缶 ・・・27g

 

です。

 

 

一度、食べた物を一週間書いてみて

タンパク質を黄色のマーカーで線を引いてみて下さい。

そして計算してみて下さい。

 

どうなってますか??

 

 

 

肉魚系があればクリアーしそうですが

一度に沢山食べてもダメですよ。

毎回、必ず20gは摂らないといけません。

 

ぜひ、どれだけ摂れているか

チェックしてみて下さい!

 

では

 

 

 

プロテインはどうなんですか?

プロテインについて。

 

「プロテインはどうなんですか?」

と質問を受けます。

 

どうなんですか?と聞かれても目的によって違うので

何とも言えないのですが、

 

基本的にサプリは補助食品なので

上手くタンパク質が摂れないのであれば飲んだ方が良いと思います。

 

たた、飲んだだけで筋肉が付く&ムキムキになると思っている方が

まだまだ多いですが、飲むだけなら筋肉はつきません。

むしろ脂肪がついてしまうかもしれません。

 

何故かというと

プロティンの中に糖質が入っているものが多いので

その分の糖質を摂取するからです。

 

なので、単に間食にプロティンを摂ればいい

と思って飲むのはお勧めしません。

それなりの運動が習慣がある方には良いかもしれませんが。

 

 

また、間食意外に飲むタイミングとして

トレーニング直後に飲んだ方が良いのですか?

という質問も受けますが

 

これは、胃腸が弱くないならOKです。

 

トレーニング直後は筋肉に血液を奪われているので

内臓に血液が集まらず、消化能力が落ちている人もいるからです。

 

これは飲んでみて調子をみるしかないですね。

 

また、直後ではなくても

トレーニング後24時間は筋タンパク質の合成感度が増加する

とのデータもありますので、トレーニング後は

特に意識して食事からタンパク質を摂ればよいのではないかと思います。

 

 

ちなみに、プロテインは大きく分けて

牛乳から作られる・・・ホエイ、カゼイン

大豆から作れる・・・ソイプロテイン

 

に分けられます。

 

ホエイは吸収が早い

カゼインは吸収がゆっくり

ソイも吸収がゆっくり

 

なので、トレーニング直後に飲みたい方はホエイ

寝る前や間食、満腹感をもたせたいなら、カゼインかホエイを

選べばよいと思います。

 

 

では。

 

 

噛むコツ 

今日は「噛む」コツについて。

 

出来るだけ噛みましょう!

50回は噛みましょう!

 

とよく言われますが、実際なかなか実践するのは難しくないですか?

 

噛む意識だけで、数を噛めるなら苦労しません。。

 

噛むことが癖になるまで、徐々に数を増やすしかないと思っています。

 

 

では早速コツをお伝えします。

  • 箸をおく
  • 無意識に噛んでいる回数を倍にする
  • 1回の量を少なくする
  • 「ありがとうございます」と思いながら10回噛む 

 

聞いたことがあるものもあると思いますが

一つづつ解説すると

 

・箸をおく

これは分かりますね。

食べ物を口に入れたら、一旦箸を置く。

急いで流し込むタイプの方には有効ですね。

 

 

・無意識に噛んでいる回数を倍にする

今食べ物を食べる時に、自分のリズムがあるはずです。

 

例えば「もぐもぐもぐ  ゴクン!」というように3回程噛んだら飲む

ようなリズムがあるはずです。

これを飲み込もうとする時に、一度踏みとどまり

もう一度同じリズムで噛んでから飲むということです。

「もぐもぐもぐ もぐもぐもぐ ゴクン」というように。

 

  • 1回の量を少なくする

噛む回数は、口に入れた量に関係なくほとんど同じです。

(硬さには関係します)

なので、今まで一回で入れていた量の半分にする(=倍噛んだことになる)

この時、子供用のスプーンなどを使うとすくえる量がすくなくなるので便利です。

 

 

  • 「ありがとうございます」と思いながら10回噛む 

「あ」で噛む、「り」で噛む、「が」で噛む。。。

とすると「ありがとうございます」で10回噛めます。

 

ちなみに、カレンダー見ながら30回噛むというのもあります。

 

 

この中から自分で出来そうな方法はありましたか?

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

では