まず1週間、食事内容を書いてみよう!

あなたは、

昨日の昼に食べた物を覚えていますか?

覚えているなら一昨日の夕飯は?

 

・・・

 

余程、何かのお祝いやイベントなどでない限り

あまり覚えていませんよね?

 

基本的に感情が動いていなければ、

あまり記憶に残らないといわれております。

 

なので

 

めちゃくちゃうまい!!

涙が出るほど辛い!

苦すぎて食べれない。。。

 

といった感じの感情の動きでも覚えている確率はあがります。

 

それほど、何かを意識して集中して

食べていることがありません。

 

 

なぜそういった質問をしたのかというと

 

ダイエット目的で来られる方に

普段どのような物を食べていますか?

 

と伺っても

「・・・」

という答えが多いからです。

 

「?」ならまだ良いのですが

 

「バランスよく食べていると思います。」

「炭水化物はそんなに多くないと思います」

「タンパク質も摂っていると思います」

 

など答える方が

 

実際に書いてきて頂くと

「あ、バランス悪いですね・・・」

「炭水化物ばっかりですね・・・」

「タンパク質ほとんど食べてないですね・・・」

 

となる方も結構多いです。

 

なので、食事の記録はできれば書き続けて頂いた方が

良いと思いますが、

 

最初からハードルが高くても大変なのでまずは

1週間書いてみましょう!

 

と言っています。

 

やはり、あいまいな記憶に任せて

食事を見直そうと思っても上手くいきません。

 

なので、ある程度食事のリズムを知るために

1週間はノートに書いているほうが良いと思います。

 

また、そこでノートに書けるようになったら

炭水化物・・・赤

タンパク質・・・青

という具合に、大体で良いのでラインを引いてみまししょう!

 

 

そうすると、自分がどういった物を好んで食べているのか

傾向がわかります。

 

傾向がわかれば対策をうてばよいだけです。

 

 

まずは「記憶」ではなく「記録」に頼りましょう!!

 

では

 

体の痛みは自分で良くする

ダイエットに来られるほとんどの方は

何かしらの症状があるように思えます。

 

肩こり、腰痛、膝痛、頭痛、。。。

色々な症状を持った方がいらっしゃいます。

 

当店では、まずその方の痛みを改善してからトレーニングを行います。

 

改善方法は、トレーニング、ストレッチ、ほぐしなどです。。。

 

出来るだけ、自分自身で動いて頂き

ご自身で改善できるように指導いたします。

 

なぜなら、痛みを改善しても

まだ痛みの原因になる動作改善を行っていなければ

痛みがでる可能性があるからです。

 

もし旅行先や、外出していて痛みが出た場合

ご自身で対処して頂きたいからです。

 

なので、できるだけ自分で行えるものを指導しております。

 

 

実際、痛みがある場合、

普通にトレーニングを行いたいのに

出来ない種目が出てきたりします。。。

 

また、痛みがあると

精神衛生上良くないです。

 

イライラしてドカ食いをしたり、

周りの人にあたったり。。。

 

 

なので出来るだけ自分でトレーニングをして改善して頂きたいのですが

半分以上の方は自分で行わないです(汗)

 

 

と言っても、行わなわない方の8割がたは、

痛みそのものが無くなっているので

 

喉元過ぎれば熱さを忘れる

 

と言った感じで仕方がないような気もします。

 

が、ここで言い方を変えれば

何割の方はやってくれます。

 

その魔法言葉は

「○○すると△△が細くなりますよ」

 

痛みより…美しさ

ですね。。。

 

 

ま、どうせやるなら痛みも改善できて、

綺麗になる方を選びますよね!

 

 

トレーニングをしたいけど痛みがあるのでどうしよう?

と悩んでいる方がいましたら

ご相談ください