体のラインを変えたいなら姿勢が重要!

今回は「体のラインを変えたいなら姿勢が重要!」について

 

あなたが体のラインを変えたい!と思っているなら

姿勢は重要ですよ!

 

逆に、姿勢が良くなければ体のラインは変わりません。

この写真を見ていただければ分かると思いますが

 

同じ人なのですが

見た目も体型もまるで違います。

 

ただ意識】【姿勢】が違うだけです。

 

例え写真の女性でも

背筋の伸びた姿勢を維持する筋力があっても

意識をしなければ猫背の姿勢になってしまいます。

 

猫背になっている時間が長ければ長いほど

その姿勢が正しい位置だと脳は認識して覚えようとします。

ちょうど、形状記憶のシャツのように

 

なので、猫背の姿勢が長ければ長いほど

形状は記憶されていきます。

 

そうすると、背筋の伸びた姿勢をとる事は出来ても

長時間維持することが出来ず、気が付けが猫背の姿勢に戻ってしまいます。

 

もしかしたら、現在のあなたの体は

猫背の姿勢を記憶してしまっているかもしれません。

 

その時体はどうなっているかというと、猫背を維持しやすい

筋肉の長さ関節の角度になっていきます。

 

例えば

筋肉でいうと

・胸側の筋肉は縮む

・背中側の筋肉は伸びる

 

関節でいうと

・腕の骨は前に巻き込まれます

・肩甲骨は外に広がります

 

そしてバランスをとるために

首は前に倒れ

骨盤は後ろに倒れます

ちょうど下図のように

 

 

 

このような状態を

背筋の伸びた姿勢に変えようと思うなら

トレーニングによってしっかりと筋肉の長さを変え

その状態を意識して保ち、体に記憶させなければいけません。

 

背筋の伸びた姿勢を体に記憶できれば

今度は逆に姿勢が悪くなることに違和感を感じ

背筋の伸びた姿勢に戻ろうとします。

 

 

ま、背筋の伸びた姿勢というのは実は

体のラインを綺麗にするうえでの土台つくりになるんです。

 

例えば

・デコルテラインを綺麗にする

・バストアップ

・二の腕の引き締め

・くびれ

・ヒップアップ

・美脚

 

これらの中から一つでもあなたが望むなら

姿勢つくりは確実に必要です。

 

なので、骨格と筋肉を整えなければ

いくら、食事制限で脂肪を燃焼しようが

あなたの望む体にはなりません。

 

ただ単に体重だけ落としたい方は別です。

食事制限や毎日のウォーキングなどで良いと思います。

 

あなたの望む綺麗な体のラインを望むなら

まずは土台つくりとして姿勢改善を行いましょう!

 

では

 

 

生理前に甘い物が欲しくなくなった

今回は「生理前に甘い物が欲しくなくなった」について

 

あなたは、生理前にドカ食いしたくなりますか?

 

今通われている方で

やはり生理前に甘いものが欲しくなる方がいらっしゃいます。

 

ちなにみ、この生理前に甘いものが欲しくなるというのは

Fe、Ca、Mgなどのミネラルが足りなくなるため

とも言われております。

 

なので

少し偏った食事のバランスを

いかに良い食事にシフトチェンジできるかが重要になります。

 

そのためには、まずどんな食事内容をしているか

チェックしたいんです。

 

という事は、何を食べているか知りたいので

食べたものを記録しなければわかりません。

 

ただ、この記録はかなり意識していないとできまないので

なかなか記録してきて頂けない方がいます。

 

やはりご本人の記憶だとあいまいなので

なかなか正しい指導ができません。

 

例えば

国語のテストの点数が悪かったとします。

点数だけみせて、どこが間違っているか分からないのに

点数アップしたいと言われても、

 

どの部分が合っていて、どの部分が合っていないか

わからないので、指導のしようが無いと思いませんか?

 

一度書いて来ていただけると

その人の食事の癖が少しわかるので

 

一度でも良いので書いて来ていただけると助かります。

 

ただ、それでも体に変化がない場合は

定期的に書いてきて頂けないといけませんが。。

 

 

一度自分の食事のバランスを見直すためにも

書いてみてはいかがでしょうか?

 

意外に偏った食生活をしている方が多いですよ!

 

バランスが整えば

生理前の甘い物が減るかもわかりませんよ!

 

では

 

 

 

 

久しぶりに会った同僚に褒められた!

今回は「久しぶりにある友達に褒められた!」について。

 

今定期的に通われている60代後半の女性が

久しぶりに会った同僚に

 

仕事をしていた時より

姿勢が良くなったね!と褒めらたそうです。

 

 

仕事をしていた時って。。。

40~50代の頃?

 

その時よりも今の方が姿勢が良いってすごいですね(笑)

 

当店に来られた第一印象は、

猫背だったので、

少し暗い感じの方かな?と思っていましたが

いやいや、とんでもない!

すごく活発で明るい方でした!

 

良い意味で外れましたが

それくらい猫背は明るい印象を与えません。。

 

恐らく、この久しぶりに会った同僚も

印象が随分違ったので

そういった言葉をかけたのかもしれません。

 

それくらい

姿勢で印象って変わりますよね?

 

特に60を過ぎると

差が出てくるらしいです(怖)

 

だんだんと背中が丸くなり

いろいろな所に痛みが出てくるみたいです。。。

 

普段トレーニングをしている時は

なかなか気づかないですが

 

こういった久しぶりに会う人がいると

変化に気づいてもらえるので

嬉しいですよね!

 

膝の痛みも無くなったし

姿勢は良くなったし

 

久しぶりに会う人には褒められるし

良い事ばかりですね!

 

 

これもしっかりと続けてこられているからですね。

 

自分でつかんだ現在の姿!

まだ少し伸びしろはありますので

 

ご希望であれば

サポートさせて頂きますよ!!

 

ホントに良かったですね!

では

体重を気にしすぎないこと 

今回は「体重を気にしすぎないこと」について

 

体重を気にされる方がまだまだ多いですね。

前回の私の小学3年の娘とその友達もそうですが。。

 

細い=体重が少ないという思い込みが

 

そうさせているのだと思います。

 

実際は、脂肪よりも筋肉の方が重いですし

 

見て目であなた「○○kg」ですね!

と分かるはずもないので

あまり気にし無くても良いのにと思ってしまうのは

男だからなのでしょうか・・・

 

それよりも

背筋が伸びた良い姿勢で健康的に見えるほうが

良いと個人的には思ってしまいます^^;

 

が、当然これらも踏まえた上で

体重も少なくなっているのが理想なんでしょうか。。。

 

ただ、体重だけ?体重にこだわる方で

気を付けて頂きたいのが

 

他の成果もキチンと認めて、褒めてあげる事です!

 

例えば、

背中のお肉が取れてきた

足の形が良くなってきた

姿勢が良くなってきた

暴飲暴食がなくなってきた

 

など、頑張っている成果は出てきているはずなのに

ついつい体重だけに目がいってしまい

その他の成果をあまり認めていない?

褒めていません。。。

 

これでは自己肯定感が低くなってしまいますので

注意が必要です。

 

0から100をいきなり目指すのではなく

たとえ1でも2でも進んだ自分を

自分を凄い!頑張った!!

とほめてあげないと

次への成長につながりません。

 

大きな成功は

小さな成功の積み重ねです。

 

小さな成功なしに大きな成功はありません。

 

ベイビーステップで

少しづつ階段をのぼっていきましょう!

 

それにはまず

小さな変化に気づき自分をほめてあげましょう!!

 

では

子供のダイエットは大反対

最近、小学3年生の娘が

「ダイエット」

と口にする事が増えました。。。

 

 

なぜかというと

学校の友達に体重が重たい事を指摘されたみたいです。

私の娘は、もの凄くよく食べますが(大人と同じ量くらいは食べます。)

 

腹筋が割れているのがうっすら確認できるほどの体型です。

ちなみに、

腹筋は縦線がうっすら見えてしまう体脂肪18~20%

横線もみえて15~18%

バッキバキで15%以下とも言われております。

 

 

うっすら確認できるほどなので決して太ってません。

 

ただ身が詰まっているのか重たいです。

 

体型を見ずに体重と普段の食事をみて

太っていると言われたようです。。。

 

 

立哨当番や学童の迎えに行ったりし

子供たちを見る機会はありますが

今の子は正直細すぎる子が多すぎる。

 

 

子供は少しぽっちゃりしていても良いくらいなのに。。

 

子供の頃にしっかりと栄養を摂って、運動して

体の基礎を作らなければいけなのに

 

今のこの時期に食べないって。。。どういう事って感じです?

 

確かに、お菓子やジュースを必要以上に食べるのは反対です。

心身ともに悪影響を与える可能性があるので

そういった点で、甘い物に気を付けてくれるなら良いのですが

 

普段の食事を減らすというのは、何としても止めさせたい。

 

体を作るには

ブドウ糖も、タンパク質も、脂肪もビタミンもミネラルも

必要です。

 

必要最低限の栄養しか摂らなければ

骨の貯蔵庫にためておく事ができない=骨が丈夫にならない

です。

骨は冷蔵庫のような物で、ある程度蓄えがないと

もしもの時にこまります。

なのでしっかりとストックできるくらいの

栄養は取り込んでほしいですね。

 

 

今の細い子は大きくなった時どうなるんでしょうか?

 

体力・免疫力などの面で

風邪を引きやすかったりするのは間違いないと思います。

 

大きなお世話ですが少し心配です。

 

こういった話を娘にしても

友達のいう事にはかないません。

 

もっと正しい情報が広まる事を祈ります。

 

では。