二の腕を細くするには 埼玉県川越市

年齢を言い訳にせず、若々しく明るい印象を与える

健康的で美しいボディラインの獲得!

 

姿勢改善は、くびれ、ヒップアップなど

美しいボディラインを作るうえでの基礎作りです

 

埼玉県川越市 パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

 

今回は「二の腕を細くするには 」について。

 

前回の「くびれを作るには」

でもお伝えしましたが、物事には順番があるんです。

 

一生懸命に二の腕を細くしようと頑張っている方がいますが

順番を間違えば効果がありません。

 

 

写真の赤い線が二の腕の筋肉だとしてください

 

この赤い線が長いと

「前ならへ」をした時に、振袖のように少したるみます。

逆に、この赤い線が短いと、たるみが少なくて済みます。

 

という事は、写真を見比べてみてください

一目瞭然・・・ではないですが(汗)

 

猫背の姿勢の方が、二の腕は長くなり

姿勢が良い方が二の腕の筋肉は短くなります。

 

 

という事は、どういう事かというと

姿勢が良くないと二の腕は細くなりにくいという事です。

 

え?別に姿勢なんか関係なく

鍛えてから姿勢良く気を付ければ良いんじゃない?

と思ったあなた!!

私もそう思っていましたが、どうやら違うようです。。。

 

先ほどから言っていますが

正しい順番があるんです。

 

姿勢を良くすると、肩の位置が変わり

二の腕の筋肉の長さが短かくなります。

その状態が基本となるんです。

 

そこで鍛えるので、短い状態のまま引き締めることが出来るので

細くすることが可能なんです。

 

逆に、姿勢が悪いと、肩の位置が少し前に行くので

二の腕の筋肉の長さが長くなります。

その長い状態が基本となります。

 

その状態で鍛えるので、筋肉を引き締められたとしても、長さが長いままなので

振袖のようにたるんだように見えるんです。

 

たとえば

二の腕を鍛えるのに、姿勢を良くして鍛えても(良くしないと効かない)

その後、姿勢が悪くなると肩が前にずれ

ストレッチのように引っ張られるので

筋肉が伸びてしまいます。。。

 

とは言っても、何もしていない状態よりは締まっているので

全体的には細くなると思いますが、気になるたるみは少し残ります。

 

どこまで求めるかなのですが

効果を最大限生かそうと思うなら、まずは姿勢作りが大事なんです。

 

単体で取り出してトレーニングをしても

木を見て森を見ずになってしまわないよう

気を付けましょう!

 

 

 

ダイエットしたいけど一人では、なかなか上手くいかずにお困りの方

リバウンドを繰り返している方、一度ご相談ください!

 

 

 

 体験&カウンセリング 実施中!

 料金システム についてはこちら(→ クリック

 

くびれを作るには 埼玉県川越市

年齢を言い訳にせず、若々しく明るい印象を与える

健康的で美しいボディラインの獲得!

 

くびれ、ヒップアップなど美しいボディライン

を作りたければ、まず姿勢改善から始めよう!

 

埼玉県川越市 パーソナルトレーナー三橋弘明です。

 

今回は「くびれをつくるには」について。

くびれを作るにはどういったことが必要だと思いますか?

 

やせれば出来る!

と思っているのであれば

 

それは元々あったくびれで、

脂肪が無くなったことで

くびれが出てきた可能性が高いです!

 

 

くびれを作るのに絶対欠かせないのが姿勢です

 

上の写真を見てもらえば良くわかると思いますが

同じ人なのに姿勢が違うだけで

見た目の印象、デコルテ、バスト、くびれ、おしり・・・

本当に同じ人なのかと思うほど違います。

 

写真を見比べると確かに姿勢は大事なことなんだと思われるのですが

実際は、多くの方が左側の姿勢をとっているんです。

 

誰もが右側の姿勢やボディラインを獲得できるはずなのに

 

左側の姿勢を長い時間とっているだけで

お腹の筋肉がのびる

胸が下がる

首が前へ垂れる

ウエストがゆるみ

おしりが垂れて

 

しまうんです。

 

 

その上に脂肪がついてしまって太ってしまうんです。

 

なので、頑張って食事制限や運動をして

脂肪を燃焼し痩せたのは良いけど

左側の細い女性のようになってしまうんです。

 

たるんだお腹が引き締まらない。。。

二の腕が引き締まらない。。。

お尻がひきしまらない。。。

 

 

かと言って、姿勢を意識しないで

たるんだお腹を引き締めよう!

といって、腹筋をしても

 

たいしてきれいなくびれは出来ません。

むしろくびれの無いウエストになってしまいます。

 

それだとせっかくの苦労がもったいないですよね。

物事には順番があるんです!

 

姿勢改善で体のラインを変えていきます

その状態になってから

腹筋などのアウターを鍛えて

筋肉を正し長さにしてあげるんです。

 

ただ、ここで一つ注意してもらいたい方がいらっしゃるのですが

くびれを作りたいのに作れない方がいます。

 

どういった方かと言うと

全体的に線の細い人です。

 

線の細い人は

良くも悪くも細いので

構造上くびれができにくいです。

 

逆にできやすい人と言うのは

お尻が大きい方のほうができやすいです。

 

なので、くびれが欲しいからと言って

腹筋をすればよいというものではありませんのでご注意を!

 

 

 

 

ダイエットしたいけど一人では、なかな上か手くいかずにお困りの方

リバウンドを繰り返している方、一度ご相談ください!

 

 

 

 体験&カウンセリング 実施中!

 料金システム についてはこちら(→ クリック

 

トレーニング中に頭痛が

今日は「トレーニング中に頭痛が」について

 

トレーニングを行っている中で

頭痛を起こす方がいます。

 

原因はまだはっきり分かっていないそうですが

酸素や栄養、水分、血圧などの問題だと言われております。

 

初めての方は少し驚かれるかもしれませんが

珍しいものではありませんし、時間がたてばなおりますのでご心配なく。

 

当店でも、水分を摂ったり、糖質を摂ったり、横になって休む

などすれば痛みは治まる方が多いです。

 

これも慣れなのか?

体が適応していくのか

だんだん頭痛の回数は減っていき出にくく?出なくなります。

 

期間的は、遅い方で1~2カ月くらいかかる方もいらっしゃいます。(週1回ペースで)

 

脳の血管の問題でも??と心配してしまう方もいらっしゃいますが

 

大丈夫ですのでご安心を。

 

ちなみに、

脳の出血の場合は、全然痛みや感じ方が違うそうなので分かるとおっしゃっていました。

(ある方に聞いた話です)

 

もし、トレーニング中に痛みが出たら、

休めば収まるのですが、また痛みが無くなったあと

トレーニングを再開すると、また直ぐに頭痛になる方が多いので

その方にもよりますが、その日はそこで終了にされても良いと思います。

 

 

 

では

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーが合わない方もいる 

今回は「コーヒーが合わない方もいる」について

 

あなたはコーヒーが好きですか?

 

最近、なんか調子が悪いんです・・・

という会員さまがいました。

 

普段から食事も気をつけられているので

食事で何か特別な物を食べたわけでもなく

 

何でしょうね?

猛暑とクーラーとでカラダが対応できていないのかもしれませんね?

 

とそんなお話をしていて

 

飲み物は冷たい物を飲んでませんか?

という質問をしたら

 

「あ~アイスコーヒー飲んでますね・・・」と。

一日2~3杯という事でしたので

量的には問題なし。

 

ただ、

・温度が冷たい

・東洋医学でいうコーヒーは体を冷やす特徴がある

・油が合っていない可能性がある

 

ので内臓に負担がきているのかもしれませんね。

とお伝えしたら、

 

とりあえず1週間ほどコーヒーを止めてみることに!

 

・・・

 

一週間後

調子を伺ったら、調子が良いとの事!!

 

昔からコーヒーは習慣的に飲んでいたので

あまり気にしていなかったけど

合っていないんですね。。。

 

と少し寂しそうでした。。。

 

 

此の方は、食事を変えてから

体が敏感になってきているので

合わない食べ物に体が反応するようになってきています。

 

昔は、ピザやパスタが好きだたんですが

いまではほとんど食べず。

 

仕事の付き合いでラーメンを食べるけど

合う麺と合わない麺がよく分かるとおっしゃっています。

 

 

以前は体が鈍感だったため

食べてもすぐには問題が無かったのですが

実際は単に体の中にダメージを蓄積していっていただけでした。

 

現在は、ちょっと体の反応が良くなっている分

大変そうに見えますが

長い目でみれば

ため込んでため込んで一気にひどい症状が出るよりは良いと思います。

 

ちなみに、この方は飲みたくなったなぁと思った時は1杯だけ飲んでいるそうです。

 

たまに1杯飲む分にはそんなに問題ないそうです。

 

もしかすると、体に合ったコーヒーがあるかもしれないので

それを探すのも楽しみです!と笑顔でおっしゃっていました。

 

前向きな考えは素晴らしいです!

 

あなたも疲れや体調がよくないのであれば

合っていないもを知らずに摂っている可能性があります。

 

そんなときは1~2週間やめてみては如何でしょうか?

 

では

体のラインを変えたいなら姿勢が重要!

今回は「体のラインを変えたいなら姿勢が重要!」について

 

あなたが体のラインを変えたい!と思っているなら

姿勢は重要ですよ!

 

逆に、姿勢が良くなければ体のラインは変わりません。

この写真を見ていただければ分かると思いますが

 

同じ人なのですが

見た目も体型もまるで違います。

 

ただ意識】【姿勢】が違うだけです。

 

例え写真の女性でも

背筋の伸びた姿勢を維持する筋力があっても

意識をしなければ猫背の姿勢になってしまいます。

 

猫背になっている時間が長ければ長いほど

その姿勢が正しい位置だと脳は認識して覚えようとします。

ちょうど、形状記憶のシャツのように

 

なので、猫背の姿勢が長ければ長いほど

形状は記憶されていきます。

 

そうすると、背筋の伸びた姿勢をとる事は出来ても

長時間維持することが出来ず、気が付けが猫背の姿勢に戻ってしまいます。

 

もしかしたら、現在のあなたの体は

猫背の姿勢を記憶してしまっているかもしれません。

 

その時体はどうなっているかというと、猫背を維持しやすい

筋肉の長さ関節の角度になっていきます。

 

例えば

筋肉でいうと

・胸側の筋肉は縮む

・背中側の筋肉は伸びる

 

関節でいうと

・腕の骨は前に巻き込まれます

・肩甲骨は外に広がります

 

そしてバランスをとるために

首は前に倒れ

骨盤は後ろに倒れます

ちょうど下図のように

 

 

 

このような状態を

背筋の伸びた姿勢に変えようと思うなら

トレーニングによってしっかりと筋肉の長さを変え

その状態を意識して保ち、体に記憶させなければいけません。

 

背筋の伸びた姿勢を体に記憶できれば

今度は逆に姿勢が悪くなることに違和感を感じ

背筋の伸びた姿勢に戻ろうとします。

 

 

ま、背筋の伸びた姿勢というのは実は

体のラインを綺麗にするうえでの土台つくりになるんです。

 

例えば

・デコルテラインを綺麗にする

・バストアップ

・二の腕の引き締め

・くびれ

・ヒップアップ

・美脚

 

これらの中から一つでもあなたが望むなら

姿勢つくりは確実に必要です。

 

なので、骨格と筋肉を整えなければ

いくら、食事制限で脂肪を燃焼しようが

あなたの望む体にはなりません。

 

ただ単に体重だけ落としたい方は別です。

食事制限や毎日のウォーキングなどで良いと思います。

 

あなたの望む綺麗な体のラインを望むなら

まずは土台つくりとして姿勢改善を行いましょう!

 

では