特に何もしてません!

ダイエットが上手くいっていると
周りの方から

「どうやって痩せたんですか?」
「何かしてるんですか?」

と聞かれることがあるそうなんですが

本人的には

「特に何もしてない・・」

特に何もしていないのではなく
特別な何かをしている感覚がないんですね。。

答えないのも何なので
習慣的に行うようになった事を伝えるそうです。。。

「階段を使うようにする」
「食べた物を記録する」
「お米をしっかり食べるようにする」
・・・

 

などなど。

その内容を聞いたほとんどの方は

「もっと特別な事ないの?」

という感じで

「ふ~~ん、やっぱそうなんですね~」
「そっかぁ…私は○○苦手なんですよね~」

というような返答が多いそうです。

上手くいく方は
良いと思った事はできる所から少しづつ始め
じょじょに習慣化していきます。
なので結果が出るころには特別なことは何もしていない!と思ってしまいます。

逆に、上手くいっていない方は
すこし手を出しては結果が出る前にやめ。
特別な何かがあるに違いない!と思って
それを探し続けている方が多いように感じます。

気持ちはわかるんですが
思っているような特別な事って無いんですよね。

その心理をついて
サプリや健康器具、ウェア―など
いろんなモノが出ては消えていくのですが。。。

もしあなたが、そいった物に、頼っているようでは
いつまでたっても変われないですよ?!

体を変えたいのなら、考え方を考えないと変わりません。

いきなり大きくは変われないので

少しづつで結構です。

いつもと違うものを選ぶとか
少し体に良い物を摂ってみるとか

変わりたいのであれば
できる事からやってみましょう!

では

 

 

タンパク質はどれくらい必要か?

トレーニングまたはダイエットをする上で重要なのがタンパク質!
体を作る材料にもなりますが、脂肪を燃焼する上でも必要なものです!

あなたは1日どれくらいタンパク質を摂ってますか?
一般的に言われているのは
体重×(0.7~2)g あたりだと思います。

ダイエットでガッツリ鍛えるわけでは無いのなら
0.7~1gくらいを意識するような食事で良いと思います。

60g×1g=60g/日

ちなみに、タンパク質の量は

肉100g・・・20g
卵1個・・・6~7g
納豆1パック・・・7g
木綿豆腐(半丁)・・・10g
魚(一切れ)・・・10g
白ご飯(1杯)・・・4g

そう考えると、鮭定食+卵を足すと かなり良いですよね。
卵・納豆・鮭・ごはん、豆腐の味噌汁 で 30g位はとれそうな感じですから!

そう考えると、あえて肉料理を選ばなくても
意外にタンパク質はとれそうな感じがするのですが
どうなんでしょう??

ちなみに
プロテインを売りたい会社は

肉は100g中20gほどしか入っていない
トレーニングしているなら1日体重×2gはいる

なので体重が60×2=120g
肉にしたら600g!!

毎日 肉600g食べられないでしょう!?
そんな時は手軽にプロテインを!

1杯でタンパク質が○○g摂れます!!

という流れになっているのです。。。

個人的にはちょっと行き過ぎてるような気がしますがどうなんでしょうか?
H●Bなんてサプリも一時流行りましたが。。。

 

基本的にタンパク質は窒素「N」を含んでおり
肝臓や腎臓に負担がかかります。
また、上手く消化されないと腸内で悪玉菌のえさになります。

そういった事を踏まえ総合的に考えると
あまり過度に摂り過ぎない方が良いとは思います。

では、実際その人にとって摂り過ぎかどうかの基準はどうすれば良いのか?
というと

便の臭い
便の色

で判断すれば良いです!

タンパク質を意識して摂っるようになってから
便の色や臭いがどう変わるか意識してみて下さい

色が濃く
臭いがきつくなるようでしたら
消化吸収されていないので減らした方が良いです。

自分の体からのサインをみながら
徐々にタンパク質量を増やしていけば
健康上問題ないと思います。

なので、体重×0.7~1gを意識するような感じの食事で
少し足りないかもと思ってたら、

卵1個増やしてみるとか
納豆を1つ増やしてみるとか
豆腐をふやしてみるとか
シーチキンを加えてみるとか

徐々に増やしていってみましょう!
なにも肉にこだわなら無くても良いと思います。

ただ
豚肉(VB)
牛(L-カルニチン)

といったダイエットには必要な栄養もあるので
食べなくても良いという訳ではないのですが。。

ま、一番手っ取り早く、コストパフォーマンスが高いのは
やっぱり卵ですかね!

ビフォーアフター

今日はビフォーアフターです。

姿勢指導などでは、ご本人の感覚と実際の姿勢がズレている時があるので

写真を撮って比較しております。

(ご本人の承諾を得ています。)

写真で比較すると分かりやすいですね!

ちなみに、この状態がずっと続くわけではありません。。。

筋肉や脳に覚えさせなければいけません。

それには意識と時間が重要です!

また、意識するためには、経験が必要です。

なので、トレーニングでこの姿勢になりやすいように必要な筋肉を鍛えていかなければなりません。

無理やり良いし姿勢をとろうとしてもなかなかうまくいきません。

勝手に良い姿勢になれているのが重要です。

あとは意識です!

それがないと姿勢改善はうまくいきません。

 

鍛えたら、整体で調整したら
なれるものではありません。

鏡の前からでよいので意識してみましょう!

 

では

 

 

 

リバウンドしないためには?

ダイエットを行うときに気になる事ベスト3はなんですか?

と聞いたわけでは無いのですが(汗)
皆さん質問が多いのがリバウンドについて!

正直リバウンドするかどうかあなた次第です!
と言ってしまうと元も子も無いのですが

リバウンドしないポイントを2つお伝えしたいと思います。

1つ目は、食事に対する知識があるかどうか
2つ目は、習慣化できるかどうか

だと思います。

1つ目についてですが
・太る原因について食べると太る物をしっかりと把握できているか?
・ダイエットのリスク(更年期症状が酷くなる、妊娠しにくくなる、免疫力がなくなる、鬱になりやすい。。)を認識しているかどうか?

あたりの知識があるかどうか。

大手の短期間ダイエットを受けた方で当店に来られる方は、何が太って、何が太らないか分からない人が多いようです。
ただ漠然と炭水化物は太るので摂らないように!と指導されているだけなので。
あるお店では、根菜類などもNGとしているそうですね。。。

また、脂肪もなるべくカットするところもありますが、
カットすると分かりますが、肌がカサカサになったりしますし

タンパク質はいくらとっても大丈夫!!と言っても、食べ過ぎは腎臓に負担がかかるので体に良くありません。
どの位の量がその人の適正量か判断するポイントを教えてもらっていないと思います。

人の体を預かるのですから最低でも健康に気を付けなければいけないと思っています。

逆に、短期間だからOKでしょう!と
このあたりを無視してダイエットを行うと短期間で痩せられはしますが
健康的にはマイナスになり

また、リバウンドのポイントの2つ目になるのですが

体にとって無理なプログラムなので続けられない可能性が高いんです。

個人的には「ダイエット」ではなく「減量」のイメージです。

短期間で体重や体脂肪を減らす目的ならそれでも良いと思いますが
それ以外が目的なら一生続けられそうにない食生活のプログラムはお勧めできません。

自分の目的にあったものかどうか

その食事のプログラムは続けられそうか

しっかりと考えてから選んでください!

少しでも参考になれば幸いです

では

 

 

1カ月ちょっとで5kg太った

今日は会員様の息子さんのお話。

会員さんの息子さんがカナダに留学(高校からしており9月から大学生)しており
帰国した時は、お母さんと一緒にトレーニングを受けに来てくれます。

前回に来られたのは夏!今回は約4カ月ぶり!

4カ月ぶりに会ってみると、ちょっとふっくらしてました。

さすが海外!
食べ物の影響は凄いなぁと思っていたら案の定食事に関する質問が。。(笑)

1か月ちょっとで5kgも太ってしまったんです。。
何がいけないんでしょうか?と。

まずは、

食事の量
食事の質
食事の時間
ライフスタイル

についてチェックですね。

食事の量は、増えているとのこと。
何が増えている具体的にわかる物がありますか?と聞くと
夕食のあと夜に凄くお腹がすくので、シリアルバーのようなものを毎日食べていたとの事。
時間も、質も良くないですね。。。

それで5kgは凄いですね。。。
他にも全体的に食生活がきになりますが

環境や精神的ストレスがかなりある、あったはずなので
改善できる事からと思い

・お腹がすけば無理に我慢する必要は無い
・食べるならお米をたべてあげる
・ストレス発散方法はもっているか

という話にプラスして

・小麦と砂糖の害
・脂・油は太るのか?
・炭水化物のなかで太る物
・ストレスホルモンの材料
・お腹がすけば食べてよし
・食品の成分表を少し気にしてみること

などの話をしました。

環境の変化というのは、なかなかのストレスなので
お腹がすくのも仕方が無いんですよね。

お腹がすけば食べてあげる!
ただ、食べてあげるものに注意する!

ですね!

まだまだ先は長いので頑張れ!!

では。