タンパク質はどれくらい必要か?

トレーニングまたはダイエットをする上で重要なのがタンパク質!
体を作る材料にもなりますが、脂肪を燃焼する上でも必要なものです!

あなたは1日どれくらいタンパク質を摂ってますか?
一般的に言われているのは
体重×(0.7~2)g あたりだと思います。

ダイエットでガッツリ鍛えるわけでは無いのなら
0.7~1gくらいを意識するような食事で良いと思います。

60g×1g=60g/日

ちなみに、タンパク質の量は

肉100g・・・20g
卵1個・・・6~7g
納豆1パック・・・7g
木綿豆腐(半丁)・・・10g
魚(一切れ)・・・10g
白ご飯(1杯)・・・4g

そう考えると、鮭定食+卵を足すと かなり良いですよね。
卵・納豆・鮭・ごはん、豆腐の味噌汁 で 30g位はとれそうな感じですから!

そう考えると、あえて肉料理を選ばなくても
意外にタンパク質はとれそうな感じがするのですが
どうなんでしょう??

ちなみに
プロテインを売りたい会社は

肉は100g中20gほどしか入っていない
トレーニングしているなら1日体重×2gはいる

なので体重が60×2=120g
肉にしたら600g!!

毎日 肉600g食べられないでしょう!?
そんな時は手軽にプロテインを!

1杯でタンパク質が○○g摂れます!!

という流れになっているのです。。。

個人的にはちょっと行き過ぎてるような気がしますがどうなんでしょうか?
H●Bなんてサプリも一時流行りましたが。。。

 

基本的にタンパク質は窒素「N」を含んでおり
肝臓や腎臓に負担がかかります。
また、上手く消化されないと腸内で悪玉菌のえさになります。

そういった事を踏まえ総合的に考えると
あまり過度に摂り過ぎない方が良いとは思います。

では、実際その人にとって摂り過ぎかどうかの基準はどうすれば良いのか?
というと

便の臭い
便の色

で判断すれば良いです!

タンパク質を意識して摂っるようになってから
便の色や臭いがどう変わるか意識してみて下さい

色が濃く
臭いがきつくなるようでしたら
消化吸収されていないので減らした方が良いです。

自分の体からのサインをみながら
徐々にタンパク質量を増やしていけば
健康上問題ないと思います。

なので、体重×0.7~1gを意識するような感じの食事で
少し足りないかもと思ってたら、

卵1個増やしてみるとか
納豆を1つ増やしてみるとか
豆腐をふやしてみるとか
シーチキンを加えてみるとか

徐々に増やしていってみましょう!
なにも肉にこだわなら無くても良いと思います。

ただ
豚肉(VB)
牛(L-カルニチン)

といったダイエットには必要な栄養もあるので
食べなくても良いという訳ではないのですが。。

ま、一番手っ取り早く、コストパフォーマンスが高いのは
やっぱり卵ですかね!

リバウンドしないためには?

ダイエットを行うときに気になる事ベスト3はなんですか?

と聞いたわけでは無いのですが(汗)
皆さん質問が多いのがリバウンドについて!

正直リバウンドするかどうかあなた次第です!
と言ってしまうと元も子も無いのですが

リバウンドしないポイントを2つお伝えしたいと思います。

1つ目は、食事に対する知識があるかどうか
2つ目は、習慣化できるかどうか

だと思います。

1つ目についてですが
・太る原因について食べると太る物をしっかりと把握できているか?
・ダイエットのリスク(更年期症状が酷くなる、妊娠しにくくなる、免疫力がなくなる、鬱になりやすい。。)を認識しているかどうか?

あたりの知識があるかどうか。

大手の短期間ダイエットを受けた方で当店に来られる方は、何が太って、何が太らないか分からない人が多いようです。
ただ漠然と炭水化物は太るので摂らないように!と指導されているだけなので。
あるお店では、根菜類などもNGとしているそうですね。。。

また、脂肪もなるべくカットするところもありますが、
カットすると分かりますが、肌がカサカサになったりしますし

タンパク質はいくらとっても大丈夫!!と言っても、食べ過ぎは腎臓に負担がかかるので体に良くありません。
どの位の量がその人の適正量か判断するポイントを教えてもらっていないと思います。

人の体を預かるのですから最低でも健康に気を付けなければいけないと思っています。

逆に、短期間だからOKでしょう!と
このあたりを無視してダイエットを行うと短期間で痩せられはしますが
健康的にはマイナスになり

また、リバウンドのポイントの2つ目になるのですが

体にとって無理なプログラムなので続けられない可能性が高いんです。

個人的には「ダイエット」ではなく「減量」のイメージです。

短期間で体重や体脂肪を減らす目的ならそれでも良いと思いますが
それ以外が目的なら一生続けられそうにない食生活のプログラムはお勧めできません。

自分の目的にあったものかどうか

その食事のプログラムは続けられそうか

しっかりと考えてから選んでください!

少しでも参考になれば幸いです

では

 

 

1カ月ちょっとで5kg太った

今日は会員様の息子さんのお話。

会員さんの息子さんがカナダに留学(高校からしており9月から大学生)しており
帰国した時は、お母さんと一緒にトレーニングを受けに来てくれます。

前回に来られたのは夏!今回は約4カ月ぶり!

4カ月ぶりに会ってみると、ちょっとふっくらしてました。

さすが海外!
食べ物の影響は凄いなぁと思っていたら案の定食事に関する質問が。。(笑)

1か月ちょっとで5kgも太ってしまったんです。。
何がいけないんでしょうか?と。

まずは、

食事の量
食事の質
食事の時間
ライフスタイル

についてチェックですね。

食事の量は、増えているとのこと。
何が増えている具体的にわかる物がありますか?と聞くと
夕食のあと夜に凄くお腹がすくので、シリアルバーのようなものを毎日食べていたとの事。
時間も、質も良くないですね。。。

それで5kgは凄いですね。。。
他にも全体的に食生活がきになりますが

環境や精神的ストレスがかなりある、あったはずなので
改善できる事からと思い

・お腹がすけば無理に我慢する必要は無い
・食べるならお米をたべてあげる
・ストレス発散方法はもっているか

という話にプラスして

・小麦と砂糖の害
・脂・油は太るのか?
・炭水化物のなかで太る物
・ストレスホルモンの材料
・お腹がすけば食べてよし
・食品の成分表を少し気にしてみること

などの話をしました。

環境の変化というのは、なかなかのストレスなので
お腹がすくのも仕方が無いんですよね。

お腹がすけば食べてあげる!
ただ、食べてあげるものに注意する!

ですね!

まだまだ先は長いので頑張れ!!

では。

酵素ってどうなんですか?

今日は酵素について。

酵素はどうなんですか?

と、質問を受ける事があります。
酵素だけでなくサプリでも同じことが言えるのですが
私の考えでは

・基本的に酵素の効能は期待しない。
気になるならとりあえずやってみる

です。
はっきりしない答えなんですが、こればっかりは個人差があるので何とも言えないんです。
なので、体に良い反応があれば続ければよいのではないかと。

個人差があるとしても、なぜこういった応えになるのかというと

1.体は思い込みで変わる。
 プラシーボ効果とも言いますが思い込みは最強です!よく聞く話が「これはあなたのために開発されような薬なんです」と言われて飲むと、例えその薬が単なるビタミン剤でも効いてしまうんです。
どれくらい精神状態が左右するか分かりますね。

2.酵素は、タンパク質、ビタミン、ミネラルで出来ているので、それらを摂取しているのと同じ。
効果・効能ではなく『 栄養素 』と考えるならOK。

ちなみに、ウィキペディアによると
「酵素を含む」として健康効果を謳う製品が多く販売されているが、経口で酵素を摂取した場合に酵素活性に基づく効能が得られる、という科学的根拠はない

と書かれています。ダイエット効果も同様です。

また、酵素について色々言われていますが

・「潜在酵素」があり、一生の量が限られている。
→  科学的根拠がなく、最近の研究では使いまわしできると言われております。

・酵素が減るので、食事から酵素を補う
→ 酵素のまま吸収されません。また分解して吸収しても元の酵素の形にはなりません。

・酵素は熱に弱いので、生の野菜や果物を食べる(酵素を摂る?)
→ 体調が悪い時に、生の物食べますか? 火を通した物を食べますよね??
どちらが消化に負担をかけているか?
もし消化酵素を使い過ぎて代謝酵素が減るのであれば、どちらが酵素を多く消費しているか?

と、いろいろと叩けばホコリが。。。

なので結論をもう一度いうと

基本的に酵素の効能は期待しない。
・とりあえず試してみて、体に良い反応があればOK。

ということになるんです。

また、試しに一定期間摂ってみているけど効果があるか分からないという方も多いです。

その場合は、一度一定期間(1~2週間)やめてみると、体の変化がわかるので、効果があるかどうかの判断にはなると思います。

色々な情報に惑わされないように、自分なりの基準をもちましょう!

では

ドカ食いについて

今回はドカ食いについて。

この時期、ケーキや甘い物、普段食べないような食事?で必要以上に食べ過ぎてしまいますよね。

しかし、たかだか1日食べ過ぎたからといって太る事はないのでご安心を!

といっても、これが正月まで続くようだとかなりマズいですねー!

 

ついつい食べ過ぎてしまう、ドカ食いしてしまう理由は色々あるのですが
主な理由は

・睡眠不足
・ストレス
・中毒性
・習慣性

このあたりでしょうか?

一つずつ簡単に説明していくと

・睡眠不足
睡眠不足になるとグレリンというホルモンが出ます。
このホルモンが出ると食欲を増進させ脂肪をため込みます。。。
体の防衛反応という感じだと思います。

・ストレス
ストレスがかかると、脳の回復・エネルギーのためにブドウ糖を
神経を守るためにNa(ナトリウム)が必要になるそうです。
なので、出来るだけ味の濃い物が欲しくなるんです。
ex.ポテトチップス(イモと塩)

・中毒性
これは、精製された砂糖や小麦粉などを原料として作った物です。
砂糖と小麦粉が使われている食べ物を想像して頂くと分かると思いますが、かなり太りそうですね。。。
ちょっと食べただけでも次の日欲しくなるので、食べる時は気を付けないといけませんね。

・習慣性
これはそのままですね。習慣化してしまうということ。
今までの理由による結果といったところでしょうか。
食後のデザートやお菓子などついつい手が出てしまいます。

このような理由でドカ食いをしてしまいます。。
あなたに当てはまるものはありましたか?

パンやお菓子が習慣化してしまっているようでしたら
止めるには初めは強い意志が必要かもしれません。

また栄養が無い物をいくら食べても、脳は満足しません。
満たされるまで、次から次へと欲しくなるんです。

栄養が無いだけなら良いです。他で使う栄養を奪うことにもなりかねません。。。

お米 と パン だと、どちらが栄養ありそうですか?
おかず と お菓子 だと、どちらが栄養ありそうですか?

できるだけ栄養があるものを食べたましょう!

では