トレーニング中に頭痛が

今日は「トレーニング中に頭痛が」について

 

トレーニングを行っている中で

頭痛を起こす方がいます。

 

原因はまだはっきり分かっていないそうですが

酸素や栄養、水分、血圧などの問題だと言われております。

 

初めての方は少し驚かれるかもしれませんが

珍しいものではありませんし、時間がたてばなおりますのでご心配なく。

 

当店でも、水分を摂ったり、糖質を摂ったり、横になって休む

などすれば痛みは治まる方が多いです。

 

これも慣れなのか?

体が適応していくのか

だんだん頭痛の回数は減っていき出にくく?出なくなります。

 

期間的は、遅い方で1~2カ月くらいかかる方もいらっしゃいます。(週1回ペースで)

 

脳の血管の問題でも??と心配してしまう方もいらっしゃいますが

 

大丈夫ですのでご安心を。

 

ちなみに、

脳の出血の場合は、全然痛みや感じ方が違うそうなので分かるとおっしゃっていました。

(ある方に聞いた話です)

 

もし、トレーニング中に痛みが出たら、

休めば収まるのですが、また痛みが無くなったあと

トレーニングを再開すると、また直ぐに頭痛になる方が多いので

その方にもよりますが、その日はそこで終了にされても良いと思います。

 

 

 

では

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体重を気にしすぎないこと 

今回は「体重を気にしすぎないこと」について

 

体重を気にされる方がまだまだ多いですね。

前回の私の小学3年の娘とその友達もそうですが。。

 

細い=体重が少ないという思い込みが

 

そうさせているのだと思います。

 

実際は、脂肪よりも筋肉の方が重いですし

 

見て目であなた「○○kg」ですね!

と分かるはずもないので

あまり気にし無くても良いのにと思ってしまうのは

男だからなのでしょうか・・・

 

それよりも

背筋が伸びた良い姿勢で健康的に見えるほうが

良いと個人的には思ってしまいます^^;

 

が、当然これらも踏まえた上で

体重も少なくなっているのが理想なんでしょうか。。。

 

ただ、体重だけ?体重にこだわる方で

気を付けて頂きたいのが

 

他の成果もキチンと認めて、褒めてあげる事です!

 

例えば、

背中のお肉が取れてきた

足の形が良くなってきた

姿勢が良くなってきた

暴飲暴食がなくなってきた

 

など、頑張っている成果は出てきているはずなのに

ついつい体重だけに目がいってしまい

その他の成果をあまり認めていない?

褒めていません。。。

 

これでは自己肯定感が低くなってしまいますので

注意が必要です。

 

0から100をいきなり目指すのではなく

たとえ1でも2でも進んだ自分を

自分を凄い!頑張った!!

とほめてあげないと

次への成長につながりません。

 

大きな成功は

小さな成功の積み重ねです。

 

小さな成功なしに大きな成功はありません。

 

ベイビーステップで

少しづつ階段をのぼっていきましょう!

 

それにはまず

小さな変化に気づき自分をほめてあげましょう!!

 

では

自分の気になる所を見ている 

今回は「自分の気になる所を見ている」について。

 

お客様で多いのが、

人のことが気になる方。

 

意外にいらっしゃいますね。

 

他の人と比べて、私は太い、細い・・・

 

 

意味がないとは言いませんが

あまり良いことではないと思います。

 

 

ただ、意識することで

自分の姿勢や行動を律する事ができるのであれば

それはOKかな。

 

 

でも、比べるのであれば

過去の自分と比較してください!!!

 

昨日の自分よりは良い選択ができた!

 

今までであれば○○だったけど

今日の自分は△△できた!!

 

と言うように

過去の自分と比べてください。

 

この時、過去の自分と比べて

良くなったところを見つけてくださいね!

 

決して過去の自分より出来ていないと

思わないでくださいね!

 

もし甘いものを食べてしまっても

今までと違う選択をしたらよいだけなので!

 

そうやて少しでも成長している

自分をほめてあげましょう!!

 

では

 

 

 

 

ダイエットは環境が大切

今回は「ダイエットは環境が大切」について。

 

ダイエットをするにあたり

かなり重要ポイントがいくつかありますが

そのうちの一つが「環境」です。

 

環境?と思われるかもしれませんが

かなり重要です。

 

今、現在あなたの周りで

一緒にお昼を食べる方

飲みに行く方

遊びに行く方

旅行に行く方

週末を過ごす方

職場の同僚や上司

 

あなたの周りにはいろいろな方がいると思いますが

ダイエットで成功する環境を手に入れよと思ったら

 

応戦してくれる人が周りにいないと難しいです。

 

なかなか応援してくれる人がいない

のであれば、百歩譲って邪魔しない人が周りにいないと難しいです。

 

お昼食べに行くと

デザートも一緒に食べよう♪

 

飲みに行くと

しめはデザート!! ラーメン!!

 

遊びに行くと

美味しいケーキの店見つけたの!

 

旅行に行くと

ここの●●は美味しくて有名なんだよー

と何件もはしご

 

週末を過ごす場合も

喫茶店で甘い飲み物&デザート

パスタにピザにカフェオレ

 

職場の同僚や上司

出張先で炭水化物ばかり。。。

 

こんな環境で痩せられますか?

私はちょっと自信がないです(笑)

 

 

 

ではどうすれば良いか?

 

誘いを断る!

 

が一番良いのですが

なかなか出来ない場合もあると思うので

 

同じものを食べないようにする

全部食べずに残す

 

など、自分で自分を守るしかないです。

 

それには、太らないための知識が必要です!

 

何を食べれば太り

何を食べれば太らないか

 

しっかりとして知識を学びましょう!

 

では

 

 

ダイエットの目的、目標はありますか?

今回は「ダイエットの目的、目標はありますか?」について。

 

先日、大谷翔平選手も実践していた「目標達成のための技術」

という原田先生のセミナーに参加してきました。

 

目標を達成するためのお話を聞いてきました。

 

目標を達成するためには

目標だけでなく、目的もしっかりと決めた方が良いそうなのですが

目的と目標の違いが分かりますか?

 

セミナーでは

目的は方向

目標は距離

だそうです。

 

私の解釈でいうと

目的は「どうなりたいか」

→ダイエットに成功し、海に行き堂々と水着になりたい。思いっきり楽しみたい。

 

目標「(そのために)何をするのか」

→必要なトレーニングをする。食事の改善をし、3か月でー10kg!

 

といった感じかと思います。
間違っていたらごめんなさい

 

普通の自己啓発系セミナーならここで終わるのですが

ここからもう一歩、二歩?踏み込んでいるのが凄いんです!

 

では、もし目的が達成された時に

第三者(家族など)はどう思うか

第三者にどういった嬉しい事があるのかまで

考えるんです。

ダイエットに成功し、海に行き堂々と水着になりたい。

思いっきり楽しみんでいる姿をみて、家族はどう思うだろう

「一緒に遊べる」

「海やプールについて来てくれる」

などと思ってくれるだろうし

 

「楽しんでいるお母さんが見れて嬉しい」

「以前より明るくなってよかった」

と家族も嬉しい気持ちなれます。

 

そうすると、自分自身が目標達成するという事は

自分だけでなく、他人にも大きな影響を与える事ができる

と思えるようになります。

 

それって素晴らしい事だと思うんです。

そういって発想ができるとモチベーションは下がりません。

なので、目標が達成した瞬間にモチベーションが下がる事もありません。

 

ダイエットが成功したから、もう努力しなくていいわ。。。

とはならないんです。

 

もっともっと自分も家族も幸せになるように

新たな目標、目的がでてくるかもしれませんね。

 

自分だけの思いだけでなく

第三者の事まで考えて行動することが

目標・目的達成への近道になるそうです。

 

あなたの家族はダイエットを成功したら

どう思ってくれますか?

どう感じてくれますか?

 

その答えは、きっとあなたの力になってくれますよ。

 

この辺で。

 

間違った解釈をしているかもしれませんので

詳しく知りたい方は「原田メソッド」「原田隆史」などで検索くださいm(__)m