まず1週間、食事内容を書いてみよう!

あなたは、

昨日の昼に食べた物を覚えていますか?

覚えているなら一昨日の夕飯は?

 

・・・

 

余程、何かのお祝いやイベントなどでない限り

あまり覚えていませんよね?

 

基本的に感情が動いていなければ、

あまり記憶に残らないといわれております。

 

なので

 

めちゃくちゃうまい!!

涙が出るほど辛い!

苦すぎて食べれない。。。

 

といった感じの感情の動きでも覚えている確率はあがります。

 

それほど、何かを意識して集中して

食べていることがありません。

 

 

なぜそういった質問をしたのかというと

 

ダイエット目的で来られる方に

普段どのような物を食べていますか?

 

と伺っても

「・・・」

という答えが多いからです。

 

「?」ならまだ良いのですが

 

「バランスよく食べていると思います。」

「炭水化物はそんなに多くないと思います」

「タンパク質も摂っていると思います」

 

など答える方が

 

実際に書いてきて頂くと

「あ、バランス悪いですね・・・」

「炭水化物ばっかりですね・・・」

「タンパク質ほとんど食べてないですね・・・」

 

となる方も結構多いです。

 

なので、食事の記録はできれば書き続けて頂いた方が

良いと思いますが、

 

最初からハードルが高くても大変なのでまずは

1週間書いてみましょう!

 

と言っています。

 

やはり、あいまいな記憶に任せて

食事を見直そうと思っても上手くいきません。

 

なので、ある程度食事のリズムを知るために

1週間はノートに書いているほうが良いと思います。

 

また、そこでノートに書けるようになったら

炭水化物・・・赤

タンパク質・・・青

という具合に、大体で良いのでラインを引いてみまししょう!

 

 

そうすると、自分がどういった物を好んで食べているのか

傾向がわかります。

 

傾向がわかれば対策をうてばよいだけです。

 

 

まずは「記憶」ではなく「記録」に頼りましょう!!

 

では

 

体の痛みは自分で良くする

ダイエットに来られるほとんどの方は

何かしらの症状があるように思えます。

 

肩こり、腰痛、膝痛、頭痛、。。。

色々な症状を持った方がいらっしゃいます。

 

当店では、まずその方の痛みを改善してからトレーニングを行います。

 

改善方法は、トレーニング、ストレッチ、ほぐしなどです。。。

 

出来るだけ、自分自身で動いて頂き

ご自身で改善できるように指導いたします。

 

なぜなら、痛みを改善しても

まだ痛みの原因になる動作改善を行っていなければ

痛みがでる可能性があるからです。

 

もし旅行先や、外出していて痛みが出た場合

ご自身で対処して頂きたいからです。

 

なので、できるだけ自分で行えるものを指導しております。

 

 

実際、痛みがある場合、

普通にトレーニングを行いたいのに

出来ない種目が出てきたりします。。。

 

また、痛みがあると

精神衛生上良くないです。

 

イライラしてドカ食いをしたり、

周りの人にあたったり。。。

 

 

なので出来るだけ自分でトレーニングをして改善して頂きたいのですが

半分以上の方は自分で行わないです(汗)

 

 

と言っても、行わなわない方の8割がたは、

痛みそのものが無くなっているので

 

喉元過ぎれば熱さを忘れる

 

と言った感じで仕方がないような気もします。

 

が、ここで言い方を変えれば

何割の方はやってくれます。

 

その魔法言葉は

「○○すると△△が細くなりますよ」

 

痛みより…美しさ

ですね。。。

 

 

ま、どうせやるなら痛みも改善できて、

綺麗になる方を選びますよね!

 

 

トレーニングをしたいけど痛みがあるのでどうしよう?

と悩んでいる方がいましたら

ご相談ください

飲み会が多い

飲み会が多いと食事のコントロールが難しいですよね。

あからさまに炭水化物を避けて食べていることで

まわりに気を使わせるのも。。。

 

と思われる方がいらっしゃいます。

こういった時はどうするか?

 

一番は、そもそも参加しない!

この方法が一番良いのですが難しい。。。

 

となるとやはり

周りを気にしないのが良いと思います。

 

野菜や肉など、食べる物をしっかりと食べていれば

そんなに食べていない印象は与えないと思います。

 

また、もし幹事と仲が良いのであれば

ビュフェにするとか、肉系や魚介のお店を選ぶか

野菜もしっかりあるコースにするとか

お店選びからちょっと口をだしてみても・・・(笑)

 

ちなみに、幹事さんが太めの方だと

自分の基準でお店を選ぶかもしれないので

炭水化物多めになるかも?!

 

 

最悪どうにもならないのなら

ゆっくり噛む

アルコールを飲んだら同じ量水を飲む

野菜をたくさん食べる

しかないかも。

 

明日や明後日までトータルで考えれば良いので

今日は仕方がない!と決めて、ある程度食べて良い事にした方が

精神衛生上は良いかと思います。

 

 

基本は楽しんで頂きたいので

あまり制限をつくりたくないのですが

太る方は簡単に太るので、出来るだけ選択しながら食べ欲しいですね。

 

まとめると

 

会話を楽しむ

しっかり噛む

炭水化物は出来るだけ控える

デザートは無し

野菜やタンパク質をしっかり食べる

アルコールに対して水・ミネラルが必要

アルコールも太る

2~3日で元に戻すくらいの気持ちでよい

 

という感じです。

 

あとは合う味で〆るとかあるんですが

これは実際に体を使ってチェックしなければならないのであしからじず

 

 

 

意思が弱い人ほどパーソナルトレーニングを! 

 

今日の会員さまとの会話で

 

今年で3年目になりますが

2~3サイズ程痩せてきている会員さまがいらっしゃいます。

特にダイエットというよりは、

体調管理に重点を置いてのトレーニングなのですが

体調管理でも食事指導はしますので、

そのまま実践していただいたら

徐々に体重が落ちてきました。

 

 

その方が、夏で薄着になるこの季節

いろいろな方から痩せたね

という言葉をかけられるとともに

 

「どうやってそんなに痩せたの?」

と聞かれるらしいです。

 

「どうやって・・・」という言葉

いきなり痩せたわけではないのに

周りの方にはいきなり痩せたイメージと

いきなり痩せれる方法があるのではないかという希望で

質問してくるのでしょうか??

 

そこで当たり前のように

 

キチンと継続してトレーニングを受けている事

食べた物を記録して体調管理している事

 

を伝えているそうですが

誰も伝えた事を実践しないみたいです。

もっと、へ~!!

そんな方法があるの!!

 

というようなものを期待しているのでしょうか?

 

実際、そんな方法はありませんよ!

そういった気持ちがあるから

テレビや雑誌の情報に流されるんです。

 

最新の研究では!

たったこれをするだけで!

なんてまずないですよ。

 

コツコツ続けるしかないんです。

習慣にするしかないんです。

 

それが一人では出来ないので

やらなければいけない環境に身を置くのです。

 

だから意思の弱い人ほど

パーソナルトレーニングを受けた方が良いのです!

当然他のメリットも沢山ありますが。

 

 

いつ行っても良いジムなんて

結局行かなくなるだけです。

 

自由に選べて!

毎日通えて○○○円!

 

だと

 

明日でいいや

次にしよう!!

 

ではダメなんです。

逆にいうとそれだけ身体に対して優先順位が低いんです。

 

習い事のように

週1~2回行くと決めたら行くんです!

 

それを習慣にするしかないんです。

 

意思が弱いなら、

通わざるおえない環境に身を置きましょう!!

 

それが初めの第一歩です。

 

勇気をもって一歩を踏み出しましょう!

そんなあなたを応援します

では

更年期症害とダイエットの関係

今回は、

更年期症害とダイエットの関係についてです。

 

更年期症害が起こる原因としては

1.ホルモンバランスの乱れ

2.心理的な要因

の二つがあげられています。

 

が、このホルモンバランスの乱れも

心理的な要因も栄養が足りなくなる事で

起こる可能性があるんです。

 

えーと思う方のために

かなりざっくりですが説明しますね!

 

まず【ホルモンバランスの乱れ】について

更年期障害は、

本来卵巣から分泌されるべき女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が極端に減ることで起きます。

 

しかし、体はよくできており

別のシステムによってエストロゲンを作り

それを補おうとします。

 

その時に必要なのが

・中性脂肪 ・糖質・コレステロール ・男性ホルモン ・脂肪細胞

なのです。

 

材料を使ってまずは男性ホルモンを作り

そこからある場所でエストロゲンを作り補おうとします。

 

 

2.心理的な要因について

ストレスがあるときに必要なものというのが抗ストレスホルモンです。

心身ともにストレスに負けないようにするためのホルモンです。

このホルモンを作るのに必要なものが

・ 中性脂肪 ・糖質・コレステロール

なんです。

 

 

そして両方に関係しているのは、

中性脂肪、、糖質、コレステロール、です。

 

これらを原料に更年期障害を抑えるのに必要なホルモンを作っているという事です。

 

このダイエットの敵とでもいう、中性脂肪や糖質が

更年期障害の症状を酷くするかどうか大きく関係しているということです。

 

まさか?!とは思いますが

そのまさかなんです。

 

なので、ダイエットで脂肪や糖質などを極端にカットしすぎると

抗ストレスホルモン

女性ホルモンが作れなくなり

 

心身ともに適応できなくなります。。。

 

なので、更年期障害のリスクを減らそうと思ったら

ある程度は糖質を食べること

脂肪を減らしすぎないこと

に注意して頂きたいです。

 

どれくらいと言われると

個人差があるので何とも言えませんが。。。

 

ある先生は40代以降は

落としても体脂肪率24%前後くらいが健康的で良いのでは?と言っておりました。

あくまで落としても。。。ですが。

 

これ以外にも更年期障害の原因はあると思いますが

少なくともダイエットされている方は、頭の片隅にでもおいておいてください

 

では