孫を抱っこするためのカラダ作り!

慣らし保育のための 慣らしあずかり?

先日、60代の女性会員さまが腰が痛いと…話を聞くと孫を半日預かって抱っこをかなりしたらしい。。。

9kg前後の孫を半日あずかり面倒を見る。
抱っこしたり、走ったり…親としては非常に助かりますが、おばあちゃんにはかなりの負担ですよね。

でも、可愛い孫のため、娘のため。
バーバ抱っこ~~と来た孫を抱かない訳にはいかない。
いや、抱きたい。。。

 

4月に入ったら慣らし保育のため、2週間は毎日のようにみるので、腰がもつのか心配という事でした。

早速、体をチェックすると
左の股関節と右肩に負担がかかっており
右の股関節の筋力の弱さがありました。

右利きなので、右の腕で孫を抱きに行こうと、右の股関節に体重をかけるけど、弱いので左の股関節に重心を移動させ抱きかかえる。。。

そんな感じで負担がかかっていたのかな?
こんな感じで抱っこしてますか?と動作をしたら
見てたの?って笑ってました。

まずは脚のストレッチをさせてチェックすると腰の痛みはほぼ無し。

右の股関節を鍛えてあげると、右の肩も正常に。
姿勢もよくなり体も軽くなる。
右肩は肩が悪いのではなく股関節が問題だったみたいですね。

全て自分で出来るトレーニング&ストレッチなので
やり方を指導して終了。

しっかり孫を抱いてあげれるよう頑張りましょう!!

普段はダイエット&姿勢改善の指導しているので、症状を改善すると驚かれるw

私の中では、ダイエットも姿勢改善も症状改善も、健康というライン上にあるものなので似たようなものなんですが。。

Training Plus+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です