子供のダイエットは大反対

最近、小学3年生の娘が

「ダイエット」

と口にする事が増えました。。。

 

 

なぜかというと

学校の友達に体重が重たい事を指摘されたみたいです。

私の娘は、もの凄くよく食べますが(大人と同じ量くらいは食べます。)

 

腹筋が割れているのがうっすら確認できるほどの体型です。

ちなみに、

腹筋は縦線がうっすら見えてしまう体脂肪18~20%

横線もみえて15~18%

バッキバキで15%以下とも言われております。

 

 

うっすら確認できるほどなので決して太ってません。

 

ただ身が詰まっているのか重たいです。

 

体型を見ずに体重と普段の食事をみて

太っていると言われたようです。。。

 

 

立哨当番や学童の迎えに行ったりし

子供たちを見る機会はありますが

今の子は正直細すぎる子が多すぎる。

 

 

子供は少しぽっちゃりしていても良いくらいなのに。。

 

子供の頃にしっかりと栄養を摂って、運動して

体の基礎を作らなければいけなのに

 

今のこの時期に食べないって。。。どういう事って感じです?

 

確かに、お菓子やジュースを必要以上に食べるのは反対です。

心身ともに悪影響を与える可能性があるので

そういった点で、甘い物に気を付けてくれるなら良いのですが

 

普段の食事を減らすというのは、何としても止めさせたい。

 

体を作るには

ブドウ糖も、タンパク質も、脂肪もビタミンもミネラルも

必要です。

 

必要最低限の栄養しか摂らなければ

骨の貯蔵庫にためておく事ができない=骨が丈夫にならない

です。

骨は冷蔵庫のような物で、ある程度蓄えがないと

もしもの時にこまります。

なのでしっかりとストックできるくらいの

栄養は取り込んでほしいですね。

 

 

今の細い子は大きくなった時どうなるんでしょうか?

 

体力・免疫力などの面で

風邪を引きやすかったりするのは間違いないと思います。

 

大きなお世話ですが少し心配です。

 

こういった話を娘にしても

友達のいう事にはかないません。

 

もっと正しい情報が広まる事を祈ります。

 

では。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください