噛むコツ 

今日は「噛む」コツについて。

 

出来るだけ噛みましょう!

50回は噛みましょう!

 

とよく言われますが、実際なかなか実践するのは難しくないですか?

 

噛む意識だけで、数を噛めるなら苦労しません。。

 

噛むことが癖になるまで、徐々に数を増やすしかないと思っています。

 

 

では早速コツをお伝えします。

  • 箸をおく
  • 無意識に噛んでいる回数を倍にする
  • 1回の量を少なくする
  • 「ありがとうございます」と思いながら10回噛む 

 

聞いたことがあるものもあると思いますが

一つづつ解説すると

 

・箸をおく

これは分かりますね。

食べ物を口に入れたら、一旦箸を置く。

急いで流し込むタイプの方には有効ですね。

 

 

・無意識に噛んでいる回数を倍にする

今食べ物を食べる時に、自分のリズムがあるはずです。

 

例えば「もぐもぐもぐ  ゴクン!」というように3回程噛んだら飲む

ようなリズムがあるはずです。

これを飲み込もうとする時に、一度踏みとどまり

もう一度同じリズムで噛んでから飲むということです。

「もぐもぐもぐ もぐもぐもぐ ゴクン」というように。

 

  • 1回の量を少なくする

噛む回数は、口に入れた量に関係なくほとんど同じです。

(硬さには関係します)

なので、今まで一回で入れていた量の半分にする(=倍噛んだことになる)

この時、子供用のスプーンなどを使うとすくえる量がすくなくなるので便利です。

 

 

  • 「ありがとうございます」と思いながら10回噛む 

「あ」で噛む、「り」で噛む、「が」で噛む。。。

とすると「ありがとうございます」で10回噛めます。

 

ちなみに、カレンダー見ながら30回噛むというのもあります。

 

 

この中から自分で出来そうな方法はありましたか?

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

では

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください