ダイエットは記憶よりも記録! 

あなたは昨晩食べた物を覚えていますか?

 

では

 

一昨日の晩は何を食べましたか?

答えられた方は少ないのではないでしょうか?

 

 

人は余程、感情が動かない限り

 

記憶として残してはいないので仕方がない事でもあるんです。

 

 

そのような状態だと、正直食事指導は出来ないんです。

 

糖質とってますか?

タンパク質撮ってますか?

 

と尋ねても、糖質はそんなにとってません

タンパク質もとっていると思います

 

と応える方が多いですが

 

書いてきていただくと意外に糖質が多くて

タンパク質が少ないのにびっくりします。

 

 

試しに

糖質が入っている物を赤のマーカーで色を付けて下さい と言うと

フルーツやカフェオレ(少し甘い)などの飲み物、

ヨーグルト(味が付いているもの)

 

などにチェックが付かないんです。

 

糖質が入っている自覚があまりなかったりします。

 

また、タンパク質を黄色にしてもらうと

あまりタンパク質がない。。。

 

赤(糖質):黄色(タンパク質)が

3:1や4:1くらいに見える方もいます。

 

1日のなかで黄色が1つしかない事もあるくらいです。

 

 

このような記憶に頼っている状態でいくら指導してもズレが生じているので

上手くいきません。

 

やはりキチンと記録する事で、ご自身でも客観的にわかるので

気を付けるようになります。

 

 

事細かに!とは言いませんが

ある程度内容がわかるように記録はした方がよいです。

 

またできるのであれば、就寝時間や起床時間

水分量、体温もあればなおいいですね!

 

まずは、今現在の自分を分析しましょう!

その結果が今の体を作っていますので!

 

明日からやろうかな。。。ではなく

次のごはんから始めましょう!

 

やる気があるうちに行動するのも

上手くいくコツの一つです。

 

 

では

 

 

 

 

 

小麦製品はダイエットしたければ我慢  

個人的にですが

小麦製品を好きな方はダイエットが難しいように思います。

 

なぜそういうのかと言うと、

一人ではなく色々な方から教わったのが

品種改良をしてから良くなくなったという事です。

 

 

以前わたしは、昔から主食で食べられている物(海外)で

体に悪いものは残っているはずがないと思っていました。

 

が、品種改良の話を聞いてなるほど!と思いました

全く別物になっているみたいですね。

 

 

今出回っている多くの小麦は

大量に生産できるように

品種改良をすることで栄養価がほとんどなくなり

中毒性だけが残ってしまったようです。

 

ちなみに、何%かは良い小麦はあるそうですが。。
(私が教えて頂いたのは古代小麦というものでした)

 

 

そうは言っても

自分の体で試して合っているかどうか試すのが一番だと思います。

 

なので、まずは2週間は小麦製品を抜いてみるて下さい。

神経質にならない程度で良いと思います。

 

麺、パン、お菓子、などを止めてみて下さい。

 

 

個人的には、

・パンを食べても満足感が無い(栄養がない)

ので、結局はたくさん食べ物を食べてしまう。

 

・一度食べると次の日も食べたくなる(中毒性)

2日続くともう習慣のように食べたくなります。

これはパン、お菓子に特に感じます。

 

これらの2点がダイエットに向いていないと思います。

 

 

また、当店に来られる方はでダイエット希望の方は

8割くらいはパンやパスタが大好きです。

 

しか2週間ほど辞めて頂くと

皆さんそんなに欲しくなるそうです。

 

やはり、中毒性が高そうですね。

 

 

特に小麦製品は

バターや糖質を使ったものが多いので

そういった意味でもダイエットには向いていないですね。

 

 

まずは2週間!

頑張ってみて下さい!!

 

では

 

 

ダイエットの第一歩は果糖に気をつけよう!

今日は果糖について。

 

あなたは、普段食べている物の中で

「果糖」は何に含まれているかご存知ですか?

 

正直、あまり考えたことないですよね。

 

 

答えはいくつかあるのですが

漢字から連想して頂くと分かりやすいかと思いますが

一つは

果物

くだものですね!

 

あとは、甘い物の代表の

ショ糖(砂糖)

の中にも含まれていますし

 

最近?では何にでも入っている感じがする

ブドウ糖 果糖 液糖

と言われるも物にも含まれています。

 

 

この3つがよく目にするものだと思います。

 

 

ではなぜ?

果糖に気をつけなければいけないか?

 

の前に炭水化物について

少しおさらいをしましょう!

 

炭水化物とは、

ヒトが消化・吸収できる「糖質

消化. できない「食物繊維

の総称で

 

糖質は、さらに単糖の結合数によって

単糖類 

・二糖類

・多糖類

に分けられます。

 

この中の単糖類に、

・ブドウ糖、

・果糖(フルクトース)

・ガラクトース

 

があります。

 

大丈夫ですか??

もう少しなのでついてきてくださいね。

 

ちなみに

二糖類 には

・ ショ糖(ブドウ糖+果糖)

・乳糖(ブドウ糖+ガラクトース)

・麦芽糖(ブドウ糖+ブドウ糖)

 

多糖類には

・でんぷん(ブドウ糖+ブドウ糖+・・・)

があります。

 

なんか昔、授業で習ったような気がしますよね。。。

 

 

 

 

話を戻しますが

なぜ果糖に気をつけなければならないのか?

 

この理由はいたってシンプルです。

 

果糖を摂ると太りやすいからです。

 

これは果糖が脂肪になるということよりも

果糖が吸収された後の処理の仕方によって

結果的にその他の糖を脂肪にため込みやすいという事なんです。

 

 

じゃぁ くだものは太るんですか??

 

という質問をよくされますが

くだものにも含まれる果糖は少量で、水分が多いため

少しくらい食べたところで実際は太ることはありません。

 

ただ、南国の人をイメージしてください。

たくさんのくだもの食べてますよね?

 

体型はどうでしょうか?

 

やはり食べ過ぎはよくありませんのでご注意を!

 

 

じゃあ、くだものは置いておいて

普段どの果糖に気を付けなければいけないのか?というと

ショ糖ブドウ果糖液糖に含まれる果糖です。

 

これらは、やはりフルーツなどで摂るよりも

量、濃度が全然違います。

 

なので、くだものなら適量OKなんですが

砂糖やぶどう糖果糖液糖が入っているものは避けた方がよいです!

 

 

でも、何に入っているか?分からない方が、ほとんどだと思うので

商品について表示をよく見るくせをつけましょう!

 

入っているものが多い順に書かれていますので、何が多いのかチェックできます。

 

おそらく見てびっくりしますが

 

果糖、ぶどう糖果糖液糖、ショ糖・・・

 

みたいに書かれている物もあるくらいです。

 

こんなに糖が入っていれば、太るしかないですよね。

 

 

まずは現状把握から

してみましょう!

 

では

 

 

 

 

 

 

夏祭りは痩せたい人には危険!?

今日は近所の夏祭りでした!

 

焼きそばを焼く係として参加させていただきましたが

良く考えると、夏祭りメニューって

ダイエットしている人には危険ですね(残念・・・)

 

 

粉もの

甘いもの

アルコール

 

どれも太りやすい。。。

 

焼きそば、たこ焼き、お好み焼き

トウモロコシ、ジュース、カステラ

アメリカンドッグ、ジュース、ビールなど

 

やっぱり食べたくなるような物は

太りやすいですね。

 

ただ最近は、肉系のものも多くなっているので

選べはそんなに気にしなくてもよいと思いますが

 

せっかくなので気にせずに楽しむというのも一つだと思います!

 

 

その代わり、しっかりと

明日、明後日で調整は必要です!

 

特に、小麦粉と砂糖は中毒性が高いので

明日は確実に何か甘い物・粉ものが欲しくなります。

 

普通に食事をしても、ちょっと物足りない感じで

ソワソワすることが多いですが

 

しっかりとここで流れを切らないと

ズルズルと流されてしまいます。

 

そうすると、おそらく明後日は

かなりの確率で食べてしまいます。

 

 

ホップ、ステップ、ジャンプ

という感じです。

 

ジャンプまでしてしまうと

そこからはもうダラダラと毎日習慣のように食べてしまいます。

2-3kgはあっという間に増えますよ

なので、次の日が勝負です!

強い意志をもって頑張りましょう!

 

それが出来なさそうなら

肉系のものを最初から選んでいた方がいいでしょう!

 

とにかく、目で見ていると

欲しくなるので、あまり食べもの

 

見ないように気をつけましょう!

では

 

 

 

既製品のスーツが合わなくなってきた

「先生!なんか既製品のスーツが合わなくなってきたんです!」

と先日、ある男性会員さまに言われました。

 

この方は現在、奥様と一緒に当店に通われている方で

トレーニングを始めて2年目。

 

トレーニングの目的は、体調管理がメインで

ダイエットが出来れば良いかな?

という感じでスタートしました。

 

体の症状としては、

肩が痛い、腰痛もち、

健康診断で血液検査も引っ掛かりはしないが良くはない。。。

という感じ。

 

仕事をきっちりこなすためにも

体調管理は必要ということで

運動が大嫌いなのですが、頑張って通われました!

 

 

そのかいあって1年後

肩も痛くない、雪かきしても腰が痛くなくない。

血液検査も良い数値が出て

トレーニングの効果を再認識されたみたいです。

 

 

そして、もし体を絞るなら

ご本人が絞りたくなるようなきっかけが

何かあれば良いのになぁと思っていたら

 

何と!!

 

娘さんの何か一言があったようで

食事を気をつけるように!

 

やっぱり娘の一言は凄いですね(笑)

 

 

なんて言われたかは定かではないんですが

気になりますね・・・

 

 

奥様曰く、何でもあるだけお腹いっぱいに食べていたのに

普通の人並みになってきたと(笑)

 

当然、食事を気をつけるようになってからは

徐々に体がしぼれてくるので

 

周りの人も

「お?!なんか痩せたんじゃない?」

となるわけです。

 

こうなったら

良いスパイラル突入です!

 

モチベーションUPでやる気満々!

トレーニングに休まず来られています。

 

ただ、飲み会の回数はお仕事の都合もあって

変わらないような感じですが。。。

まぁそんなにストイックにすると続かないので
ご本人に任せています!

 

それでも、半年ほどで

ウエストはベルトの穴2~3個ほど変わったそうです。

 

つい先日、いつも買いに行かれるお店にスーツを買いに行ったら

サイズが全然変わってしまったそうで

 

肩周りは大きくなり、ウエスト周りは絞れるので

既製品のサイズでは合わなくなってきたそうです。。。

 

お店の方にも、背中がスッキリしてきて

かっこよくなってきましたね

と!!

 

他人から言われるとやっぱり

嬉しいしやる気が出ますよね!

 

まだ、姿勢のを改善、

ともう少し絞れるので

そこを目指したいですね!

 

良い報告をありがとうございました!!

まだまだお手伝いさせていただきます!

では