ウォーキングで膝を痛めたら

今回はウォーキングをした時の膝の痛みについて。

ダイエットをしようとウォーキングを始めようとされる方が多くいると思いもます。
私も昔はそうでした。

20代の頃は、60分も歩けば1~2kgの体重は落ちていたような気がしますが
30代になると歩いたくらいでは全く変わらなくなりました。。。

なので、歩く時間(距離)を増やすことで何とかしようとしましたが
体重はそんなに変わらず。。。その代わり膝が痛くなった記憶があります。
ちなみに、この時の膝の痛みの原因は靴が原因でした(かかとの外側がすり減った状態)

実際、膝を痛めるのはウォーキングだけでなく
トレーニングで行うステップ(踏み台昇降)等で痛めることはあります。

これらは純粋に、脚の使い方・筋力のバランスが悪い状態で運動を行うことで起こります。

なので、一般的に良く言われるのが
弱い筋力を鍛えてバランスよくしましょう!

と!

しかし、なぜか
鍛える筋肉は指導する人によって違います。

整形外科では、大腿四頭筋(ももの前)の筋肉を
トレーナーは、内転筋(うちもも)か、殿筋(お尻の筋肉)を鍛えましょう!

全体的に体をみる方なら、姿勢改善足の裏
また、整体をかじっている方は、肘を調整しましょう!!

という具合に。。。

私も以前は、内転筋殿筋のトレーニング、姿勢改善足の裏、肘などを調整をしていましたが
結果は良くなる方もいれば、良くならない方もいました。。。

トレーニングで体を動かすので、その時の痛みは軽減か無くなりはしますが
痛みがとれない方はとれませんでした。


なぜだろう?とずっと思っていたのですが
それを解決してくださる先生に今年9月に出会いました!!

おかげで、膝の痛みに関しては
回数を重ねれば確実に痛みは減っていき改善されるようになりました。

また、以前から膝が少し気になっていた方も気にならないようになりました!!!

では、良くなるのと良くならないのでは、何が違うかというと
単に、鍛えるべき筋肉が違ったという事です。

内転筋や足の裏、また大きくいうと姿勢改善で使う筋肉以外にも

鍛えなければいけない筋肉があったということです。

だから、良くなる方もいればならない方もいたんですね。

これは一人だと気づけなかったか、気づくのに相当時間がかかったと思います。

なんでもそうですが、ひとりではなかなか気づけない事ってあるんです!

パソコン作業もそう
ダイエットもそう

聞いてみれば、なんだそんなに簡単に解決できたんですね!
って事は多いです。

なので、
内ももやお尻のトレーニングをしても改善しない方
姿勢を良くしてみたり、足指の体操などしてもあまり改善しない方
注射をしても改善しない方

もし何とかしたい!という方がいらっしゃいましたら一度ご相談ください!

お力になれると思います!

では

二の腕を引き締める方法

今回は、二の腕を引き締める方法ですが
二の腕はダイエットをしてもあまり変化が無いというお話をよく聞きます。

多くの方はダンベル持ってトレーニングを行っていると思います。

確かにダンベル持って二の腕を鍛えてあげる事は良い事なのですが
実はそれだけでは足りないんです。。。

何が足りないか?

女性の姿勢が違う写真にヒントがあります!
よーく見てください!

分かりましたか?

姿勢だけに目がいきがちですが
二の腕をみて下さい!

姿勢が良い方が、二の腕が引き締まって見えませんか??
同じ人なのに姿勢を変えるだけでこの違い!!

なぜそうなるのか?!

という理由は皆さん興味がなさそうなので止めておきます(笑)

とりあえず
姿勢を変えるだけで

お腹は凹む
胸元は綺麗に見える
二の腕は細くなる
お尻も上がってる
気分もよくなる
印象が良くなる

良いことだらけですね!!
スタイルを良くしたいなら絶対に姿勢は改善した方がよいですよ!

では、どうしたら姿勢が良くなるのか?

背中とかトレーニングしたら姿勢が良くなる?

確かに必要な事なんですが
やはりそれだけでは足りません(笑)

人間の体は「積み木」と同じです。
なので足元から整えるた方が良いのは当然なんですが、腰・股関節あたりからでもOKですね!

そして、整えたら今度は意識して維持する!!

この繰り返しがひつようになります。

是非、意識して行ってみて下さい。
どうせやるなら効果的に行った方がよいですからね!!

では

脚の付け根 出っ張り解消するには

写真ではちょっと分かりづらいですが
脚の付け根の出っ張り!
正確には、股関節(大転子)の出っ張りなのですが

〇 諦めている方
〇 痩せればなくなると思っている方

が、いらっしゃると思いますが
この出っ張りは股関節をキチンと正しい位置に戻さないと改善されにくいです。

ここが出っ張っている方の姿勢としては、

〇 内また
〇 反り腰(でっちり)

だったりする方が多いですね。

この原因は色々あるとして
改善するには

〇 お尻の筋肉を鍛える(小さな筋肉)
〇 ももの内側を鍛える(内転筋)
〇 足首などの調整(人によっては)

をしないといけません。

足首などの調整体が必要なのは、体を支えている土台だからです。
体は積み木のように下から順に積み上げられているので、足元が歪んでいるとその上でバランスをとろうとします。

お尻・ももの内側を鍛えているのに改善しない方は
やり方が正しくないか
足首や膝下も改善していかのどちらかである場合が多いです。

図を見て頂ければわかるように、股関節・足首を正しい位置へ調整してあげることはO脚やX脚の改善になります!
見た目、脚は真っすぐのように見える方も、ももの前と横が太いはずなので細くなっていきますね!

ただ、膝下の脛骨という骨が曲がっている方は骨自体が曲がっているので
ズレによるものは改善できますが、曲がっている骨は残念ながら真っすぐには出来ません。。。(私も曲がってます。。)

今すぐ何かしたい!という方は
横向きで膝を開いたり閉じたりするクラムというお尻のトレーニングが良いので動画など調べてみてください!
股関節が90度、45度の2つできると良いですね!

あと、靴をチェックをして下さい!!
靴の裏の一部が極端にすり減ってませんか?
靴の甲の部分がゆがんでませんか?

靴の裏はヒールだとよく分かりますが
ヒールを並べた時に外か内のどちらかに傾くようだと、すぐに新しい靴にした方が良いです。

ゆがんでいる靴は、ゆがみをつくるために矯正をしているようなものなので!
もったいないと思っても、いくら頑張ってトレーニングしても効果を台無しにしますから、思い切って捨てるか、せめて底を張り替えるか。。。

読んで終わりなのか、行動するかで大きく変わります!!

行動できないのなら、行動せざる負えない状況に身を置いてください。

動かなければ変化はおきません!

興味があれが姿勢改善の体験やってます!

では

猫背は○○を太くする!

猫背は○○を太くするというタイトルですが
○○に入る言葉は「胴体」です。

つまり猫背だと寸胴になるんです!
写真の女性が分かりやすいと思いますが

同じ人なのに姿勢が変わるだけで
見た目の印象もスタイルも大きく違いますね!

特に胸~下腹あたりが大きく違います。

姿勢が悪い方は、胸は下がって、下腹が出ています。

これは、猫背になる事で
肋骨が外に(赤矢印)開いてしまうからなんです。(別の写真参照)

逆に、姿勢が良くなると肋骨は締まろうと(青矢印)します。

肋骨は構造上このようになっていますので
猫背を放置して、ダイエットなどをしてもスタイルがよくなりません。

その状態で腹筋運動をしっかりとすると
くびれができる訳が無いですね。。。

もしスタイルを重視するなら
骨格から正しく整えることをする方が効率が良いですね。

ただ、このように簡単にスタイルを変えていく
と言いますが、週1回のトレーニングを受けていればスタイルが
変わるかと言えば、残念ながら難しいです。。。

なので、私のところでは宿題をお出しします。
それをキチンとして頂かなくては
スタイルは改善はされにくいです。

なぜ、そんな事をしなければいけないかと言うと
体の地図を書き換えなければいけないからです!
実際に時間をかけないと体や脳は覚えてくれません。。

猫背が変わらない
改善できない

と仰る方は
一回あたりどの位の時間
姿勢を維持しないといけないか

意識して行いましたか?
指導されましたか?

小さな積み重ねかもしれませんが
コツコツと行う事がきっとあなたを変えてくれます!

覚え込ますまでは少し大変ですが
逆に覚えてしまえば楽ですよね!

しっかりと意識していきましょう!!

では

明るい性格にしたければ、まずは○○を直せ!

今回は、明るい性格にしたければ、まずは○○を直せ!ついて。

あなたは○○についてどう思いましたか?
『考え方』に関する言葉が入るか
『行動』に関する言葉が入るか
どちらでしたか?

私の○○の答えは、『行動』に関するもの

「姿勢」です!

え?! まずは『考え方』を変えないとダメじゃないの?
と思われている方もいると思いますので少し説明を!

なぜ姿勢なのか?
少し脳科学?生物学?の話になります。

脳が体に影響を与える事はご存知だと思います。
しかし、体が脳に与える影響も見逃してはいけないほど大きなものです!!

例えば、体が脳に与える影響で分かりやすいものが

「口角をあげたまま怒れない」
実際、楽しくなくても、口角をあげると(笑顔)脳は経験上いま楽しいんだ!と思い楽しくなるそうです。
なので、口角をあげていると怒るという事ができないそうです。

また、
「悲しいから泣くのではなくて、泣くから悲しいんだ!」
という言葉もありますよね。これも全く同じです。

これは生物の進化上、脳よりも体が先にできており、脳のいない生き物はいても、体のない生き物はいないという事だからだそうです。(脳科学の池谷氏)

という事は、【体によって脳は変わる】という事です!

気分的に落ち込みやすかったり
ストレスを感じやすい方は
どのような姿勢をとってる印象がありますか?

いつも明るく元気で
ストレスをあまり感じないような方は
どのような姿勢をとっている印象がありますか?

上(正面)を向いているか、下を向いているか
姿勢が良いか、姿勢が悪いか
という印象の違いがありませんか?

よく日本人の自殺や鬱が多く、海外で少ないのは
姿勢の違いではないか?!と唱えている方もいるくらいです。

性格や考え方などを変えていくは時間のかかる?難しい事だと思います!
しかし、体を変える事は性格などに比べれば楽だと思います!

なので、明るい性格にしたければ
【考え方】ではなく【姿勢】から始めてみてはいかがでしょうか?

トレーニングを始めて
性格が前向きになった!
明るくなった!
自信が持てるようになった!

という話をよく聞くものうなずけますよね!

まずは「姿勢」から!

では